ドコモのahamo 通話品質はどうでしょうかね

【携帯キャリアの動きを知ることが必要な時代であることを書いていきます】

NTTが子会社のドコモをTOB(公開買い付け)を行い、完全子会社化したニュースや、

菅総理大臣からの鶴の一言で通信費用見直しの圧力がかかり、携帯キャリアの株価が著しく下がったりなどと話題が尽きない通信業界ですが、

今月ドコモから発表されました、新料金プラン「アハモ」はとてもインパクトのある値段設定で、世間を驚かせております。

20GB、5分以内無料電話で2980円。しかもプラス1000円で国内電話無制限ですからね。

アハモがツイッタートレンドランキングでも1位となるぐらいなので、世代を超えて注目されていることは間違いないでしょう。

ちなみにアハモの意味ですが、

納得の瞬間を意味するアハモーメントの略であり、

英会話で相手にあいづちを打ち時、「アハン」であり、笑う時の「アハハ」からの3つの意味からきているそうです。

ちなみにAUやソフトバンクなどもドコモに追従して同じような値段設定がなされるか期待しておりますが、現段階では出ておらず、

逆にAUが発表したものはAUユーザーの期待を大きく裏切ってしまったようです。

アハモと比較すると料金設定がわかりにくく、あまりインパクトがないようです。

現段階において携帯大手キャリア(AU、ソフトバンク)の中では格段にアハモの値段設定が優れており、

これからはドコモへ乗り換える方も増えていく可能性を感じられる方も多いかもしれません。

一方、後発の楽天モバイルと比較してどちらが良いのかという話になると、値段以上に通信品質について比較していかなければなりません。

やはり楽天モバイルでは回線エリアが全域でなかったり、地下や遮断物の影響で電波が弱い箇所もあるそうです。

(一方、楽天が業界内の通信速度の基準をネットを読み込めるレベルである、低速1Mbpsまで引き上げていきました。よってサブブランド、格安SIMはだいぶとましになったようです!)

だから楽天モバイルよりも良いかというと、一概には言えないのようです。

アハモは店舗を持たないので、契約手続きなどは全てネットで行わなければなりませんし、

(わからないことを直接お店の方へ聞いてみたいニーズは少なからずありますからね)

仲間内からの情報によりますと、ドコモの既存回線とは別物と考えた方が良さそうとのコメントも頂きました。

実にところ通信品質もどれほどのものかは使ってみないとわかりません。

天下のNTTといえども値段を下げて行う分、他でコストカットにいそしむことは十分考えられるところでしょうしね。

ところで携帯大手キャリアから格安SIMへ移行する動きは以前から注目されておりましたが、

値段だけでは測れないことは多々あり、切り替えを躊躇された方も多いのではないでしょうか。

個人的には海外では自らSIMを入れ替えて使用することが一般的であるので、大手キャリアにこだわる必要はないと思っておりますが、

ネット上にはインターネットバンキングなどの金融情報なども入っており、なにかあったとききの保険的な意味合いで、大手キャリアの方が安全性が高いのではと考えてしまいます。

この点がクリアになればもっと選択肢が増えてくるのかなと思います。

いずれにせよ、知識を身につけ、使い方に応じて総合的な判断をしていかなければなりませんね。

なんせ携帯料金は高いですからね。

上の写真は栃木県佐野市の青竹を用いて作る佐野ラーメンです。

http://www.sctv.jp/~sano-menichiban/aotakeuchi.page.html

足利フラワーパークの帰りに食べました。

ラーメンの麺というよりはパスタの麺と考えた方がしっくりするのではないでしょうか。なんせ独特の麺ですからね。

下記の写真は揚げ餃子です。この店は焼き餃子がなく、揚げか、水餃子しかありません。

食べてその理由がなんとなくわかりましたが、皮が他の店で食べる餃子よりもしっかりしており、食べがいがありました。

また意外と揚げなのにあっさりしてました。

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

コメントを残す