中年期の転職活動における心構え

【中年期の転職活動において、私自身が非常に参考となったユーチューブチャンネルを紹介します】

様々な業界から中高年を対象とした早期退職の話題が尽きない令和の時代ですが、

以前は35歳転職限界説などがあり、40歳を過ぎた頃から転職は難しいという一般論がありましたね。

どんな時代であれサラリーマンである以上、若手より窓口が狭い中年期の再就職は大変厳しい状況であることは想像しやすいところですが、

再就職先が決まるまでに大変時間がかかることを、一般論としておさえておくことも必要ではないでしょうか。

個人の能力が段違いに素晴らしく、今の勤務先と同等の条件で再就職を望まれていたとしても、

コロナ不況のさなか再就職するのは、よっぽどスポットで空きが出たり人脈の中で引っ張られたりしない限りは、

再就職先が決まるまで相当の時間がかかる可能性も考慮しておかなければなりません。

家族の理解も非常に大事になってくるかと思います。

(妻や子供達を不安にさせないよう、日々の暮らしの中で気をつけなければならなかったりと、結構気を揉みますよね)

それでは一般的な中高年のサラリーマンは全く再就職できないのか?

という問いに対し、自分のできることを探し出し、可能性を広めていくことは可能ではないでしょうか。

令和の時代は企業のニーズが変わってきたこともあり、最近では企業にとっていつでもカットしやすい人材(派遣会社から派遣されてくる社員など)が欲しいなど、多岐にわたっており、

たとえ突然、早期退職することになったとしても、フランチャイズなどを活用して起業しか道は残されていないというわけではないようです。(いきなりことを起こしても失敗する可能性が目に見えているので、慎重に計画を立てていく必要がありそうですね)

具体的にはネットにて転職エージェントへ登録したりして、転職エージェントからの頼りを待つことになるでしょうが、

その前に転職エージェントの存在を知らなければなりません。

人材斡旋業界には年齢問わず、様々な方がご活躍されている業界のようですが、

そのエージェントの担当者のパーソナリティに自分の人生を委ねることにもなるからです。

今回は転職のイロハを配信されております

「キャリアホライズンチャンネル」をご紹介します。

https://youtu.be/vQL6oE4Rd5w

キャリアホライズンの小林さんはこちらの動画では転職活動における【気持ちの揺らぎ】について語られておりますが、

応募者は面談から内定、その後が決まるまで、気持ちの揺らぎはあるものとして、心の様をわかりやすく説明されております。

こだわりをもって転職活動を行う必要はあるものの、

面接によって心が折れたりと、プレッシャーをとても感じることも多いので、特に応募者のメンタルコントロールが大事であることを述べられてます。

一筋縄ではいかない応募者の心の様を、うまくいかなかった小林さんの自らの経験を照らし合わされ話されていることがとても共感でき、他の動画もしっかりみておりました。

エージェントの方には、そのように応募者に寄り添ってもらえるといいですよね。

上の写真は栃木県宇都宮市の街中イルミネーションです。

どこの街にもこの季節、様々なイルミネーションが演出されているのでしょうね。

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

コメントを残す