中高年サラリーマン お迎えを考える

多くの中高年世代であるサラリーマンにとって向き合わななければいけないことがあります。

それは勤務している会社の業績が良いかどうかかかわらず突然、会社からお迎えが来ることです。

(最近は会社の経営状態が良い時にお迎えをすることが増えているようです)

現在、中高年のサラリーマンにとって60歳あるいは65歳までは今の勤務している会社で終えることを想像し、マイホームのローンを組み、子供の教育費を支出している方が多いと思います。

令和になっても生き方が昭和の時代の価値観で生きているサラリーマンも多いのではないでしょうか。

しかし、1ミリも今の生活を変えたく無いと思っても、残念ながら無情にもそれを許してはくれません。

お迎えと共に自分の中の昭和の価値観が終わり、平凡で幸せな家庭でも一気に狂い始めることもあり得る話でもあります。

もちろん会社の中で必要な人材をして位置づけられ、最後までまっとうされる方もいらっしゃるかと思いますが、

そんな方は会社の幹部になっていくような方のみであり、全体の数%もいないのではないでしょうか。

大企業と言われる会社では、現在の中高年世代は年齢のアップに伴ってまだまだ給料も上がっていった背景もあり、多くの中高年の方は会社からコスト高として捉えられている節はあると想像します。

社員側にとってはこれまで長年積み上げてきたことを誇らしく感じているでしょうが、

会社の看板に頼らず自分の力で月30万〜50万円も稼ぐ能力がなければ、なにもできないといっても過言ではないかもしれません。

よってビジネスには感情ではなく、数値のみで判断せざるを得ない状況を受け入れなければなりません。

「お迎えが来ても命を取られることはない」

そんな強い覚悟が必要な時代であり、守るべき大事なものを守り通す意志と、生きていくための柔軟な考え方が必要になってくるのではないでしょうか。

サラリーマンサバイバル術をネットで調べれば、副業などの多くのジャンルでハウツーがありますが、

まずは柔軟な考え方を受け入れるための準備が必要であると思い、書いてみました。


目次

①妻、子供へ現状を理解してもらい、家族で協力しながら生きていく

②マイホームは買わない。持っていれば売却し身軽になる

③教育費はいざとなったら奨学金で賄う

④まとめ


①妻の方が生活を1ミリも変えたくないと思っているケースが多いかと思いますが、お迎えにあった場合、旦那さんの背中を押してもらえるよう常日頃から話し合っておくことが大事であると思います。

その場合、妻も家計の足しのためパートタイムなどに出てもらうよう協力も必要になってきますが、子供にも家族のために働いていることをしっかりと理解してもらうことが必要ですね。

櫻井翔さん主演のTVドラマ「家族ゲーム」のエンディングのように、最後は父の退職に伴い、完璧に壊れかけていた家族が一致団結していく姿は本当に参考になります。

②マイホームのため数千万程度のローンを組んでいる方も多いかもしれませんが、冷静に考えれば不安定な時代、リスクが大きすぎます。

はっきりいって返せるあてがあるのでしょうかと言いたいところですね。

自ら身動きが取れない状況を作り出していることに気づき、早急に売却した方が良いかと個人的に思います。

その理由ですが、家族の気づなを作っていくマイホームは、マンションや一軒家でなくても団地でも幸せに暮らせることは可能です。

「団地ともお」というTVアニメご存知でしょうか

https://youtu.be/GXzIiTMfF8o

主人公であるともお君は団地に住んでおります。

とても幸せな家族であり、暮らしている団地にずっと住んでいたいと思っております。

(アニメの中でともお君の母は団地から出たい節はありましたが、ともお君はとても拒んでいたことが印象的でした)

住んでいる場所へ建物で幸せは変わらないことを早く気づいた方が良いことをこのアニメで学びました。

③親として一番悩ましいところかと思いますが、例えば私立文系の大学へ自宅以外で4年間通わせることになりますと、ざっくり1000万程度(学費500万、生活費500万)を見積もっておく必要があるかと言われております。

全てを親から賄うのではなく、子供も将来支払っていくことでより子供の自立心を芽生えさせることが出来るかもしれません。

奨学金を使った学生は、社会に出てから簡単に仕事を辞めないという話も聞きます。(辞めれないと言ったこともあるかもしれませんが)

これからの時代は大学滞在中に職を得て就職していくケースも増えていくかもしれません。

我々の時代と同じ感覚ではないことも想定しておいても良いかもいいかもないですね。

④まとめますと、家族の理解の元、シンプルに生きることを基本に考え、身の丈にあったレベルで幸せを求めていくことが大事なのではないでしょうか。

また、視野を広めていくためにも多くの同業者以外の人の話を聞き、世の中の流れ、動きを自分ごととして感じられる能力も大事になってくるかと思います。

「仕事とは幸せを感じること」

大学時代、就職セミナーに参加した時、その時の講師のお言葉が今も自分の基本的な考えであり、今後もそうありたいと願っております。

上の写真は市民テニス大会の後、仲間達と食した焼きそばです。

(因みに私を含め皆さんも、一回戦でお疲れ様でした)

この一皿600円の焼きそばを、仲間達とだべりながら食べる機会があったこと、本当に嬉しく思います。(栃木県真岡市 真増屋さん)

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

まわりでキャッシュレス化進んでますか?

TVのCMで、中国の屋台で買い物をするところ、「ピッ」とスマホで買い物をする場面が流れたことを見て、

中国ではそんなものまでキャッスレスで対応できるんだ!と私も含め、驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。

現金以外に使い方として、クレジットカード、デビッドカード、電子マネー、スマホ決済などが存在しますが、基本的なことはどれも同じですが、

現在のところ、世界的にはキャッシュレス化が進む中、日本においてもその流れを加速させようとの動きはあります。

しかし、お店で食事をするとき、なにかサッと小額の買い物をするとき、現実はそんなに変わっていないのではないでしょうか。

今回は藤村典史さんのユーチューブチャンネル藤村典史の飲食店経営塾より「日本の飲食店がキャッシュレス化が進まない理由!」

https://youtu.be/d8aaGRKMqBc

についてとてもわかりやすく、ご説明されておりました。その内容について簡単にご紹介致します。


目次

①世界のキャッシュレス化の状況

②なぜ日本でキャッシュレス化が進まないのか

③国によってキャッシュレス化が進む背景の違い

④筆者のキャッシュレス化について


①2020年では5年前と比べて世界では2%から5%程度アップで推移しており、お隣の韓国では95%、中国では60%(都心部ではほぼ100%)欧米諸国で50%、日本で20%程度のようです。

日本ではPayPayキャンペーンなどもあり、もっと進んでいるように思われましたが、データから見ればこの程度であり、都心と地方の格差も大きいのではと示唆されておりました。

②理由は2つあり、一つはクレジットカードのお店が負担する手数料が3%〜5%と、世界の標準と比べても(0.5%〜1.0%)高いことがキャッスレス化が進まない要因であることを述べられております。

もう一つは全国至る所でコンビニが存在しており、いつでもATMを利用できる現状を述べられております。

③中国では以前はネット環境が良くなく、クレジットカードも普及されてませんでした。

逆にスマホの普及とともにQR決済が一気に広がった背景もあり、インフラが整っていないアフリカなどでは今後もっとキャッシュレス化が進んでいくのではと推察されております。

アメリカではスマホのQR決済よりもクレジットカード文化のようです。

日本においてはフェリカ機能(ICカードにタッチして使うものですね)が活かされ「スイカ」などが大活躍しており、世界から見たらかなり特殊な国のようです。

日本の技術が進みすぎているからこそ、日本ではキャッシュレス化が遅れているとの話ですが、

因みにこれもキャッシュレス化の一つではないかと思いました。(藤村さんもそうおっしゃっております)

筆者の推測ですが、このスイカのようなものはキャッスレス化のデータには含まれていないかもしれませんね。

④私はほぼ毎日といっていいほどセブンイレブンを利用しております。

ホームオフィス型&外回りの仕事ゆえ、コンビニに立ち寄りトイレをお借りしたついでにお茶や食べ物を買い、必要と有ればコピー機で印刷物を出し、ATMでお金を引き下ろします。

よってナナコカードへ常に1万円ぐらいは入っている状態にしております。

毎日使うゆえ、これまで2回ナナコカードを紛失し、その度に新たにカードを発行しております。(手数料300円必要です)

因みに2回とも、おもいかえせばコピー機を使用後、そのまま忘れてしまったケースでした。

入金額のMAXがだいたい1万〜2万円ぐらいなので最悪紛失したとしても、財布を紛失した時と比べたら落ち着いて対応できるのですが、

再発行されるまでの期間中、セブンイレブンでのお会計時、とても不便さを感じます。

PayPayなどはまだ手を出していないのですが、徐々にクレジットカード使用できるところでは使用機会が増えております。

その理由はコンビニATMから現金を引き出す時の銀行手数料がばかにならなくなってきたからですね。

日本でも今後ますます現金を使わずとも買い物ができるお店が増えていけば便利になっていく反面、

現金を握りしめることで実感できる何かを感じていきたいとも思っておりますが、皆さんはいかがでしょうか?

上の写真は同僚と食したランチです。

https://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9002514/

ホテルに入っているお店でのランチはゆったりして良いですね!

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

セゾン投信 自分のライフスタイルにあってますね

一家の大黒柱として、将来の家族の経済的な安定を考える上で投資は避けて通れないことに気づき始めたのはいつ頃でしょうか。

日本の義務教育においてお金や投資とはどういうものか、全く教育を受けたことがなかったことはとても不思議でしたが、

自分自身、投資の実践、失敗を繰り返すうちに、英語を話すことはできない英語の先生のように(実践経験が乏しいという意味で)、生徒にお金や投資ついて教えられる先生がいないことにも気づいてきました。

過去に戻れるならば、若い時にお金や投資について学ぶ機会がどこかにあったならば良かったのですが、

世の中の情報を自らキャッチしていくことも、とても大事であることと感じております。

(もちろんハズレの情報をつかんでしまうことはありますが)

なんといっても世界が変わってしまった現状を今年はリアルに知り得ましたね。

今年3月、世界市場で株の大暴落がありましたが、今はなんと暴落前の水準まで復活しております。

サブプライムの時は数年かけて復活したのに、今は数ヶ月レベルで回復してしまうという、これまでの世界の常識や物差しでは予測不可能といった時代ではないでしょうか。

将来の10 年20 年30年後の未来まで予測することは誰しもできないというのは大前提ですが、

数年で50歳を迎える自分にとって、まがりになりにもこれから投資やお金についてをどう向き合っていけばよいか、自分なりの情報ソースをもとに、自分なりの答えが一つ見えてきました。

もちろんその答えは今は正解と思っていても、今後はどうなるかわかりません。

しかし、なにも行動しなければなにも得られないのも事実です。

自分自身、人生経験を踏んでいく中で自分のライフスタイルにあった投資方法とは何かを考えたところ、

日々の中でコツコツと積み上げていく投資法が自分には一番あっているのではないかと結論に至りました。

その選択肢としてセゾン投信を見つけ、毎月一定額を老後の生活等のために、積み立てております。(下記のブログ参照)

https://ameblo.jp/saisonam/

なぜ私がセゾン投信を選んだかという理由は、

詳細なことは省きますが、先ずは社長の考え方がとても筋が一本通っております。

中野 前社長曰く

「長期の資産形成には世界経済全体の成長に乗っかり続けていることが大事であり、それには国際分散型のポートフォリオが最適だと思っており、それ以外のものは必要ない」

とおっしゃられております。(下記のブログから引用)

https://www.finasee.jp/investmenttrust/1656/

投資の哲学として、積立長期運用の徹底ですが、セゾン投信が運用している投資信託は2本だけで、今後も増やす予定はないようです。

そういったシンプルなことを継続していくスタンスが自分には共感できると思い、毎月積み立てております。

投資信託の2本の概要ですが、

一本は世界30ヵ国以上の株式と10ヵ国以上の債権が半分づつの割合で投資した商品と、もう一本は30ヵ国以上のよりすぐり企業の株式へ投資した商品です。(アクテイブ型)

細かいことを言えば、アクテイブ型の方がボラティリティーが高い(利益率も高くなる分、マイナスも大きくなる可能性も高い)分、販売手数料も高いです。

過去実績では大体15年程度で、掛け金が2倍程度になる実績を出しております。

時をかけてじわじわと増えていく感じでしょうか。

もちろん大きくマイナスな時もあれば、一度売ってしまいたい衝動にかられるぐらい利益が出ることもあるかもしれません。

長年持ち続けることはとても難しいことを実感しているので、

投資において目的や、その人にあった哲学を持たなければうまくいかないのことがわかったのは、恥ずかしながら40歳になってからでした。

さすがに学校の授業で子供に対し、哲学云々を伝えることは難しいでしょうし、

世の中に身を置かなければ、哲学を持つ意味などわからないでしょうね。

「世界の将来は成長していく」

世界から見たらとても当たり前のことなのですが、日本で仕事以外に興味を持たず生活していると、

20 年前、30年前と同様、ものの値段や給料が変わらない生活をおくっていることで当たり前のことが当たり前でなくなっているのでしょうね。

現在の私の投資状況がお知りになりたいでしょうが、私にとってセゾン投信積立の意味をなすのは老後の時なので、、、。

長期で積み立て、増やしながら必要な時に取り崩して使っていけるようにして行きたいですね。

上の写真はやよい軒さんのチキン南蛮定食です。税込490円

プラスに野菜、貝の味噌汁をつけておりますが、ご飯もお代わりができてとてもお得です。(おかわり時、しゃもじを使わずに自動になってました)

あの氷河期世代まりもんさんも絶賛されております。

https://youtu.be/2TN8MsEfTas

コスパ感最高ですね。

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

日光男体山へ 天候が不安な場合どうしますか

明日は以前から仲間と予定していた山登り。

しかし、天候は夜間にかけて雨が降り、朝方には晴れるといった天気予報の中、皆さんならどう判断すれば良いでしょうか。

先週は私自身、そんなシチュエーションを体験しました。

その時のお話をお伝え致します。

登山を予定していた山は、栃木県日光市にある男体山です。

男体山は標高2486mと栃木県の中でも高い山で、栃木県のシンボル的な山であり、県民ならずとも一度は登ってみたいと思う方が多い山です。

(栃木県所在歴が長い筆者は、県外から来た友人などを何度か連れて来て、登頂してます)

山登りの特徴として、登山口である二荒山神社から山頂まで約1200mをひたすら無駄なく登っていくという(優しい道は少ない)コースでありますが、

等高線の間隔が短いほど、急な勾配でありますね。

登山の途中に垣間見える中禅寺湖が、見る位置が異なるごとに中禅寺湖の顔を変えて見せ、それがとても素晴らしく、登るたびに感動を与えてくれます。(ガスっていることも多いので、一瞬でもしっかりみえると最高です)

また山岳信仰にもとづき神が住んでいると信じられている山として修験者の聖地となっており、登拝目的に来られる方もいらっしゃいます。

今回はテニス仲間を中心に4名で登頂する中、私とYさんは前日に奥日光、中禅寺湖畔入り。(私はドミトリーに宿泊、Yさんは車中泊)

Kさんとその友人は当日、宇都宮市内から移動すること予定のため、下記のネット情報を参考にし、現地で登頂をするかどうか判断することにしました。

集合は午前6時前に集合。トイレ、着替えなどを準備し、午前6時の開門と同時に登山できるよう、予定しました。

(男体山は二荒山神社の境内地であり記帳し、ここで入山料1000円支払わなければ登山できません。以前は500円でしたが、今年から値上がりました。駐車場代の意味合いもあるかもしれませんね)

登山指数がわかりやすいですね。

天気予報でもヤフー天気とtenki.jpでは情報に差異があったりと、出どころによって変わってしまうのは致し方ないのですが、

個人レベルで少しでも精度を上げていくためには複数の情報ソースと、現地で自ら判断することが求められると思います。

幸い下記の写真のように、当日の朝は天気が良く気分も興奮してきました。

2000年9月5日  5:50AMごろ 二荒山神社前

前日は「シンプレスト日光」という最近オープンされた宿に泊まり、ドミトリーという、カプセルホテルではない初めての体験もできました。(一泊4400円 硫黄の香りがする大きめな露天風呂にも入れて満足でした)

https://simplest-nikko.com

5:40AMごろには既に境内にある登山者専用の第一駐車場、第二駐車場にも他県ナンバーの車が続々入ってきてました。

駐車場へは車で鳥居の中をくぐって行きます。初めての方は驚かれるのではないでしょうか。

そこにいらっしゃった一人(千葉県から車中泊)に話しかけたところ、毎週男体山を登頂され、しかも1日のうち3、4往復されるとのことで、、。

またその方だけではなく、男体山に毎週来られるような常連さんも多い様で、駐車場では顔馴染みの思しき方々が会話をしつつ開開門を待たれておりました。驚きですね。

そんな中、我が仲間Kさんとその友人は到着が30分程度遅れるとのことで、私は先にYさんとスタートし始めました。(体力のあるYさんならば途中で余裕で追いつくだろうと思ってましたが、、)

神社境内から登山口です。

結局Kさんとは途中で出会うことはなく、私とYさんと午前9時前には山頂へ到着し、午前10 時ごろ、下山の途中Kさんと友人に9合目あたりで出会いました。

9合目から中禅寺湖を眺める。
9合目から戦場ヶ原を眺める

Kさんの友人が山登りに慣れていないとのことで、苦労されたようです。

「お昼から雨の予報なので、山頂に着かれて息を整えたら即下山した方が良い」

と伝えてましたが、、、。

最近の天気予報はよく当たるようで、残念ながら男体山の試練を受け大苦戦されたようです。

私とYさんは12時前には下山して、中禅寺湖畔にある立ち寄り温泉につかり、

Yさんと友人を心配しつつ露天風呂の中から雨の様子をみておりました。

(日光山水さん 800円フェイスタオル付き ここら辺は午後3時ぐらいから入湯できる先が多い中、利用できました。私と同様、登山客がちょこちょこ利用されてました)

https://nikko-sansui.com

まとめますと、登頂の決断にはネット情報や、当日現地での判断もしかることですが、

お昼までに降りてくることを念頭にしたスケジュールのもと、朝出遅れずスタートすることや、

自分や仲間の状態を考慮しながらその都度判断していくことも必要ですね。

上の写真は登山後、立ち寄り湯の後、Yさんと食したステーキ丼 税込1650円 湯波付きが日光ですよね!

激しい運動後は体がタンパク質を求めますが、ちょうど自分の体に合う食事であり、めちゃくちゃうまかったです!

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

パソナさんの本社移転 実は氷河期世代まりもんさんを思い出しました

人材派遣業で知られているパソナさんですが、9月から段階的に東京本社機能を兵庫県の淡路島に移すことになったこと、皆さんどうお感じでしょうか。

社員1000人ぐらいを対象に段階的に異動されるようですが、その家族を含めると総数3000人〜4000人レベルの移動も考えられます。

淡路島自体約13万人程度の人口を考慮すれば、淡路島にとって非常に大きなインパクトがあり(下記ヤフーニュース参照)

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6369835

数年後には島の至る所にパソナさんの関係者が存在するといったいったところでしょうか。

淡路島といっても関東の方はあまりピンとこないかもしれませんが、瀬戸内海に浮かぶ島で、大阪や、神戸から車で1時間ちょっと程度で行ける好立地な場所であります。

コロナ禍の影響もあり、本社のようなところで働くホワイトカラーの方にとってはますますテレワークが普及されてきて、

日本全国どこに住んでいても仕事ができることをリアルに認識してきた上で、東京を離れ、淡路島に向かわなければならない選択は、相当インパクトがある話ではないでしょうか。

実は昨年、氷河期世代まりもんチャンネルで、無職であるまりもんさん自身がパソナさんへ就職試験を受験された内容を動画配信されておりました。

https://youtu.be/2Iwwre1TVmM

就職活動に恵まれなかった氷河期世代に的を絞った300人もの採用枠がある募集でしたが、

淡路島で勤務させることを条件に、大量採用がされていたことをせきららに動画の中で伝えられておりました。

まりもんの報告によれば相当優秀な方が受験に来られていたようですね。

また動画の中では就職が決まれば淡路島で相部屋生活をしなければならないこと(月3万1千円の個人負担、NHK代や光熱費は相方と折半)なども入社説明会で紹介されておりました。

結局まりもんさんはこのような条件にとまどわれパソナさんに行くことはなかったのですが、

淡路島に行くからといって全てが満たされる条件を用意されているわけではないことを感じられずにはいられませんでした。

(職を得られるだけでも良しとする考えもありますが、今の時代プライベートを確保できない中、社員が長く勤務継続することが可能でしょうか。あくまでも個人的な疑問です)

今後、パソナさん同様、東京一極集中を避けることを目的に、都心からオフィスを移転する話が出てきてもおかしくない時代になってきたと思われます。

大きな会社ほど思い切った決断をされるのでしょうね。

「東京で働きたいから今の仕事を辞めます」

私は製薬会社でMR(営業担当者)をやっており、北関東で20数年以上勤務しておりますが、

振り返れば若手の社員からそのような言葉を残され、去っていった仲間達も多く存在してます。

私自身、若かりし時は情報が集まる東京で働いてみたいと思う気持ちはありました。

東京の空はビルを見ているだけでも飽きないと思ってました。笑

パソナさんの本社移転の話を考えながら、ふとそんな以前は若手社員であった仲間達を思い出しました。

彼ら彼女らはコロナ禍における東京生活の変化や、このニュースをどう思っているのだろうかと。

サラリーマンである以上、異動の話を受けるか会社を辞めるかの選択のプレッシャーをうけることは想定されます。

または生き方自体を変えるという決断もあるかもしれません。

今後は平時でも世の中は変わっていくというマインドを常に持ち続けながら過ごしていかなければならないでしょうね。

令和時代もサラリーマンも大変です。

上の写真は天ぷら屋さんのテイクアウト弁当「うなばら」弁当です。税込800円 

ちょうど良い量のうなぎとお手軽な値段で満足です。まだまだテイクアウトが続くのでしょうか。私にとっては手頃に美味しいものが手に入りうれしい限りですが。

https://pool330.blog.fc2.com/blog-entry-2219.html

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング