牛丼は吉野家派です。ニカタツさんの食べ方はできませんが。

吉野家、すき家、松屋と言った牛丼チェーン店さんが世の中に存在しておりますが、その中で自分好みの牛丼チェーン店をお持ちかと思います。

最近は牛丼チェーン店と言えどもメニューも豊富であり、牛丼屋さんに入ってメニュー選びに困ってしまうこともございませんか。

(30年前は牛丼と朝定食ぐらいだったような、、。)

お客様にとって、さまざまなメニューから食事を選べることはありがたいことですが、その分お店側にとって、食材の調達、スタッフの労働の面などからも、以前よりは大変になっているのではないでしょうか。

そんな中、私が大好きな吉野家さんですが、今回のコロナ騒ぎの影響を大きく受けた、経営面で非常に厳しい状況に陥っております。

2020年度1Qの決算発表にて、なんと国内外にある150店舗を閉鎖することになったニュースが飛び込んできました。

日本を代表とする外食チェーン店である吉野家さんがこのような発表をされることに対し、皆さんどうお感じになられたでしょうか。

吉野家さんは吉野家HDとして、吉野家、はなまる、京樽を運営しているのですが、国内飲食チェーンにしては珍しく、海外比率も高い(3 割)ので海外の反応はと言いますと、

下のブログを参照すると、中国でも大きな影響を受けるようで、日本のみならず海外でも衝撃が走ったことは間違いなさそうです。

https://news.nifty.com/article/world/china/12181-824957/

以前は最低週一回は吉野家さんで営業活動時のランチとして牛丼を食べていた私ですが、コロナ禍で営業マンとして活動が制限されている中、

カウンターでそそくさ食べれる吉野家さんへ行く機会が減った、そんな私のような人間が減ったからなのかなと考えておりました。

しかし、よくよく行動を振り返ってみると、外に出て、あの吉野家さんののぼりを見て、衝動的にお店に入っていることがなくなったことが大きいのではないかと、個人的に考えております。

つまり、本日のランチは吉野家だと強い意思を持ってお店に行くのではなく、どこ行こうかなと考えているうちにあのだいだい色の看板、のぼりが見えてきて、今日は吉野家に決めると言ったところでしょうか。

ところで吉野家さんは以前、BSE(牛海綿状脳症)問題などが起こった時期など、大変苦労されてきた来たことを思い出します。

一時期、牛丼が食べられなくなる事態などもあり、「吉野家の牛丼が食べたい!」と心から発した時を思い出しました。

あの時は意思をもって吉野家さんの牛丼を食しに行きましたね。

また最近では、あのユーチューバー、ニカタツさんが吉野家で変なメニュー選定で、とてもうまそうに食されている姿を見て、今日は吉野家に行こうと決めたことがありました。

https://youtu.be/nrvrd0lJMbA

「安くてうまい」をモットーに、長年美味しい牛丼を提供され続けて来られた吉野家さんですが、今後の回復に期待しております。

吉野家の牛丼は国内のみならず、海外の方も認める、日本を代表する食文化ですからね。

上の写真は郊外店でドライブスルーがある吉野家さんへ入りました。駅前などでカウンターだけのお店とは異なり、店内スタイリッシュでメニューも豊富でした。

しかし、私は頼むメニューは変わらないんですよ!

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

コメントを残す