ツイッター活用開始しました 一月でフォロワー数500人程度

今更なにをという話ですが、令和の時代、多くの方が活用されるSNSのうち、あなたはどのSNSをメインに活用されてますでしょうか。

メインであるSNSを活用する目的は、家族、友人とのコミュニケーション、多角的な情報収集などさまざまであるかと思います。

全体的な傾向として、男性ではツイッター、女性ではインスタグラムを活用されている方が多いようですね。(下記のブログ参照)

https://markezine.jp/article/detail/33864

もちろん、ツイッター、インスタグラムを併用されている方もいらっしゃるかもしれませんし、どちらかに比重をおいて活用している方もいらっしゃるかもしれません。

言葉がメインであるツイッターと、写真がメインであるインスタグラムで性差が出ることに興味を持たれた方、納得される方いらっしゃるかもしれませんね。

もう少し、年代別などを詳細に見ていくと、下記のブログのように詳細な情報が見えてくるようです。

https://news.mynavi.jp/article/20171011-a257/

これだけの方が利用されていることになっているSNSですが、

私のまわりでは以前SNSを多用していたが、いろいろと問題があるので、メッセンジャーの機能の使用と、情報収集だけに止まっている。

そんな活用の仕方をコメントされる方も多いような感もあります。

ツイッターでいえば、「ツイートはしないけど、ツイッター使ってますよ!」

毎年増えていると言われているSNSですが、本当のユーザーはどれぐらい存在しているのだろうか?

そんな疑問を持っている中、私もツイッターを始めることにしました。

私はツイッターを始めた(中年まさやん@ikiikishiyo)きっかけは、はじめて一年近くなるこのブログを多くの人に読んでもらうためです。

開始一月でフォロワー数500人程度ですが、

始めた直後は、明らかに怪しい営業とわかるDMを個人宛に送りつけてくるために、お近づきされたフォロワーも多いことを感じてましたが、

対応方法もわかってきて、今は落ち着いてきた頃です。

(それはそれで良い社会勉強になりました。情報教材の売り付けや、ネットワークビジネスの勧誘がメインで、大体同じアプローチなのでわかりやすですね。次回はこの内容も書いていきたいと思います)

話は戻りますが、この怪しい営業攻撃を交わす術を覚える前にツイッターをやめてしまった方も多いのではないでしょうか。

個人的にそう思ってしまいました。

ところでフォロワー数を増やすための私が取っている方法論ですが、

無名な私を売り込むために、ツイートされたものを、リ•ツイートする形で返信することで少しずつ増えております。

営業マンとして、お客様のことを興味を持たずして、相手は自分のことを興味持って頂けないですからね。

発想はそんなところです。

リ•ツイートするにあたり、おそらくフォロワー数が多い方をピックアップし、リ•ツイートした方が効率は良いかもしれませんが、

ツイートの内容で共感できるものを第一に選んでおります。

その理由ですが、あくまでも共感者を増やすための手段だからです。

「文は人なり」ということわざもあるように、ツイートを読む中で、フォローしている人に興味を持ったり、この人に聞いてみたいなと言った感情が芽生えてきますね。

当然、相手も同じ気持ちを持たれるのではないでしょうか。

あまりにも見当違いな方であれば、お互い自然と離れていくでしょうからね。

来るもの拒まず、去るもの追わずのスタンスでフォロワー数を増やしていこうと思います。

ツイッターを通して全国から自分と分かり合える仲間達が見つかれば人生楽しいかもしれませんね。

それにともなって「中年まさやん」が広まっていくことを期待して。笑

上の写真は栃木県宇都宮市にある横浜家系の代表的なラーメン店です。ランチに、ライスを片手にラーメンオンザイスをやってしまいました。ライスにチャーシューメン煮卵付き1300円

https://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9000015/

あの「与論やまぐ学校」さんのユーチューブを見て、家系が無性に食べたくなりました。

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

中年の危機を乗り切るために Yさんを参考にします

皆さん、「中年の危機」というワードをご存知でしょうか。

下記のブログ内容から引用させて頂きますと、

https://www.excite.co.jp/news/article/EpochTimes_41238/?p=3

40歳前後の中年期を迎える人に現れる心理的危機や抑うつ状態、不安障害のことをいい、その先の人生に不安や迷いを感じる人を指しているようです。

1995年、米国で行われた研究では、40歳前後の中年期を迎える人全てがそういう状態になるわけではなく、8割以上の米国人には中年危機はないことが明らかになり、1〜2割の方が危機を経験しているとのことです。

割合で言えば、上記の研究によればわずか1〜2割とのことですが、

個人的な意見として、程度の差はあれ不調を感じる時は、20代、30代の若い時と比べると圧倒的に多く感じている中年期の方は多いのではないでしょうか。

そう思う理由をお伝えしますが、私は毎週末テニスサークルで活動し、肉体面の充実を図っております。

私と同様に、肉体的にはとても健康的な40、50代の仲間達とテニスをし、個人的に親しくなり身の上話を打ち明けていく段階で、

何かしらの精神面での不調をお話しされるケースは比較的多いです。

下記のブログには中年危機は、中年の8割の方は経験すると記載されておりますが、

https://www.moneypost.jp/504690

こちらの意見の方が、個人的には納得するところかと思います。(中年の定義や、人種間などは各研究によって異なるので一概に比較できませんが)

中年期に差し掛かる時、メンタル面で不調な状態になってしまう背景にはなにがあるのでしょうか。

中年女性の病気として認知されている更年期障害は、実は男性も女性と同様に存在し、

憂うつ、イライラ、不眠といったメンタル面での具体的な症状も現れることも理由の一つになるかもしれません。

(意外と知られてないようですね)

しかし、更年期障害といった肉体的な面の他にあるかと思います。

あくまでも個人的な見解として申し上げますと、

仕事における生きがいとしての目標を、わからなくなることが大きいのかと思います。

中年期の男性と言っても家庭、妻子持ちかどうか、社会における背中の重さは個人によって様々なのでしょうが、その理由を次の2つの例でお示しします。

例1:サラリーマン、45歳、現在平社員、或いは現場職であれば、会社という組織の中で今後どのような人生を歩むのかは十分見えてきます。

給料の頭打ちも見えてくるころでしょう。

60歳まで一兵卒として活躍することを、自ら望んでいくならば全く問題はないのですが(会社がどう判断するかは別として)

先が見えた会社員生活を受け入れていく方が、給料が頭打ちになることよりも、本当は精神的には厳しいかもしれません。

前に進んで行くためには何かしら他人からは見えない目標を作って、毎日を過ごしていかなければなりません。

本人がコミットできる目標を自ら作り、持ち続けられたら凄いことだと思います。

例2:零細企業2代目の社長、45 歳、先代の社長がこれまで気づいてきたことの凄さを超えられない中、経営者としての手腕に限界を感じていれば、いつまで経っても先代を超えられない呪縛から逃れられないかもしれません。

もちろん従業員は先代と比べて見ており、本人も比べられることを自覚しております。

2代目社長は先代を超えることを目標に頑張ったとしても、先代と比べられるだけの人生を2代目社長はどう思うかはわかりません。

いっそ出来が悪い先代社長であった方が、よっぽど精神的にやりやすかったかもしれません。

上記のように、万年平社員サラリーマン、2代目社長と立場は違えど、

この先どう納得して前に進んでいくか、という難題を抱えている点は同じですし、

また生きがいとしての目標というよりは、

「歩み続かなけれなならない責務」

といった意味合いに近いものかもしれません。

そこで解決策として一つ、元気の出る目標の参考例をお伝えします。

テニスサークルの仲間で、45 歳のYさんの目標は明確です。

Yさんは私と同様、B級クラスで、大会に出ても2回戦までが限界です。

いつも同じミスを繰り返しているのですが、練習と研究熱心です。

そんなYさんですが、心の中には熱い思いを持たれております。

「テニスを通して、家族に頑張っているお父さんの姿を見せてあげたい!」

お父さんが頑張ることで、Yさん家族のみんなも心から喜んでいるんだろうな。

はつらつとしたプレーを家族に見せたいと強く想い、真摯にテニスの練習に取り組まれる姿には、心から羨ましいと思いました。

Yさんが誰よりも納得された目標を持っているんじゃないかと。

生きがいとしての目標は、自分で作ることに意義があることをYさんからハット気づかされました。

また、まわりの身近な誰かを喜ばしたい。そんな気持ちを持つことで、前に進んでいく原動力になるんだろうと気づかされました。

上下の写真は栃木県日光市足尾町にある足尾駅からの眺めです。わたらせ渓谷鐵道が走っております。

一度乗ってみたいなあと思ってます。

2020年7月24日お昼頃 祝日ですが、ガラガラでした。

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

コロナ禍の夏山登山 登山中、誰とも合わなかったけど 栃木県 庚申山 

2020年度は梅雨明けが遅いのか、未だにパッとしない天気が続く中ですが、タイミングを見計らって夏山登山に出かけました。

なんで中年のおっさんがそんなことすると思われるかもしれないので一言お伝え致しますと、

私の登山に対するモチベーションは、学生時代、北アルプスで過ごした経験(ゴミ拾いのアルバイトです。住み込みで毎夏やりました)によって自然の良さを知ってしまったことから始まりますが、

今は自然からパワーを頂くことで、日常を生き生き過ごせるよう、定期的に夏山登山中心に活動しております。

そういうことで、今回の行き先ですが、今回は足尾銅山で有名な、栃木県日光市足尾町からアクセスできる「庚申山」です。

http://jac.or.jp/oyako/f16/e402010.html

選定理由ですが、まだまだコロナの騒ぎも収まらない中なので、遠方へ出かけることは避け、

県内にある、まだ登頂したことがないけど、気になっている山を選びました。

その中に皇海山(スカイサン)という、頂上の形が槍ヶ岳の様に尖っている、とても特徴的な山があるのですが、こちらは群馬県ルートでなければ厳しいので、皇海山を眺めれる可能性がある庚申山を選びました。

また、足尾町に出向くということで、うなぎで有名な「川本」さんのうなぎを家族用のお土産で買って帰ることです。

その登山報告をさせて頂きます。


①準備について

②庚申山のタイムコース、風景、難易度について

③うなぎや「川本」さんについて

④今後のコロナ禍の夏山登山の展望について


①今回、初めて「YAMAP」というアプリを使用するために、モバイルバッテリーを購入しました。

「YAMAP」はGPS機能で居場所が特定でき、登山中は機内モードで利用できますが(山の中では機内モードにしなければバッテリーの消耗が激しいですね)頻繁にiphone を使用する可能性もあると考え、こちらを事前に購入しました。

ヤマダ電気さん買いました。税込6500円ぐらい

「YAMAP」を活用するために、自宅で地図をダウンロードしておきました。(駐車場から圏外になっていることもありますからね)

またいつものように前日にスーパーで菓子パン、お菓子を買い込み、カップラーメン、インスタントコーヒー、ポリタンク2Lの水、バーナー等共に、45 Lサイズの大型ザックに入れました。

その他もろもろありますが(カッパとか絆創膏など)、確認程度となっております。

後は家族にどこへ行くと、明確に伝えて朝早く起きるために、早く寝ることが一番ですね。

②今回は(7月24日)自宅を5:30AM に出発。駐車場である銀山平を6:40AM頃出発しました。タイムコースはYAMAPで見るとこんな感じです。

きちんと記録が撮れて、皆さんへシェアできる点も良いですよね。

風景ですが、YAMAPで撮った写真をコメントと共にまとめることができます。とても便利なアプリですね。

冷たい沢水が疲れを癒してくれました。というか、痛いぐらい冷たかったです。笑

本日、入り口付近ですれ違った1人を除いて、なんと登山中全く人に会いませんでした。

途中、山小屋もあるのですが、無人の山小屋でした。(トイレあり)

よって少しでもコースからそれると怖いという感覚が研ぎ澄まされ、YAMAPのコースから若干でもそれると、慎重に引き返しながら歩いてました。(4、5回それました。おそらくそんなに登山者もいないのでコースがわかるづらくなっているかもしれません)

コースタイムから見て、栃木県の難所「男体山」コースと同様ぐらいの時間がかかります。

体力面だけで押して行くわけでもなく、写真を見ていただくとお分かりかと思いますが、ハシゴなどもあり登山の技能が必要なので、難易度は高いと個人的には思います。

よって可能であれば、仲間と共に行かれる方が良いと思います。(私のテニス仲間Eさんも先日、仲間4人で登頂されたようですが、2回程度コースを誤ったようです)

③頂上登頂と同様の目的である、うなぎや「川本」さんですが、本日も満員でした。(さすが名店!)

http://sugukuru.biz/blog/2017/06/15/足尾のうなぎ%E3%80%80食事処「川本」裏メニューをゲッ/

おかみさんへ無理を言い、持ち帰りのうなぎ弁当を用意して頂きました。

(忙しい中、店先までお茶を用意してくださったり、大変感謝申し上げます!)

マスターよりお店を宇都宮市内からここ足尾町に移動して17年前たったよとおっしゃれました。

また連休などでは、宇都宮市内からうなぎを目的に来られるお客様も多いそうです。(美味いし、安い!)

私も宇都宮市内から開業されていた時からの客であり、時折こちらでもお邪魔しておりました。いつまでも足尾町のシンボルとして頑張って頂ければと願っております。

うなぎ弁当一人前 税込2300円 家族3人分購入しました。サービスできゅうりの漬物も!安すぎですね。
店内も雰囲気ありますよ!

④今回こういった状況下により、県内の素晴らしい山に目を向けることができ、チャレンジすることができました。

但し、庚申山は通常の山登りと異なり、頂上での景色は全く楽しめない山です。(情報は前もって仕入れておりました)

高い山に登頂する理由として、良いパノラマ景色を眺めたいという思いはあると思います。

だけど今回、目標を庚申山に決め、登り切りました。

そんな中、「人生の目標とはなんだろう」と、ふと考えはじめたのですが、

良いパノラマ景色が見られなくても、目標に向かっている途中、楽しむことができるんだなと、頭に浮かんできました。

また、山の中には童話的な物語や、山岳宗教的な話もあり、こちら庚申山もそのようなストーリーも存在し、深く考えさせられました。

ご存知ですか?

振り返ると、誰にも合わなかった分、セルフトーキングを楽しんでいた自分に気づきました。

また新たな目標を見つけて行かなければ、、、。

上の写真は登山の帰りに日光有料道路内の日光口パーキングで食したかき揚げそばです。税込570円

現在、土日、祝日は高速料金が無料であり、ありがたく使わせて頂きました。

ところでこのおそば、パーキングで提供されているレベルではないですよ。本格そばですね。

https://retty.me/area/PRE09/ARE269/SUB26901/100000860947/

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

山登りの準備は万全ですか 今後はYAMAP活用します

梅雨明けも間近となり、2020年度の夏山登山への期待が高まる頃合いとなりますが、

コロナの影響で、山小屋などの施設も昨年までとは勝手も異なり、宿泊を伴うような他県へ移動しての登山はしづらいのではないでしょうか。

以前書いたように、今年は自宅の近場で登山を楽しもうと考えている方も多いかもしれませんね。

https://masayan.jp/2020/07/09/people-tend-to-choose-mountain-which-people-live-here/

また、山登りと言っても登山レベルや、登山にかかる時間などはコースによって大きく異なり、楽しみ方も異なります。

どの県においても山は存在し、高かろうが低かろうが、標高差に関わらず、アフター登山を含め、山登りの楽しさを身近で楽しむことが行いやすくなりました。(下記は栃木県益子町の低山に、家族で行った時の内容です)

https://masayan.jp/2020/03/22/i-recommend-climbing-low-mountain-rather-than-high-mountain/

ところで最近はスマホ文化が普及したことに伴い、山登り専用のアプリなどが存在し、素晴らしい機能を発揮していることを山好きの仲間から聞きました。

私はまだ使用したことがないのですが、山登りをする人達にとって、とても便利なアプリらしいので、これから初めて登る山を中心に活用して行こうと思います。

今回は数ある山登り専用アプリの一つである「YAMAP」について、どこが素晴らしいかについてを書いて行きたいと思います。

https://ideasforgood.jp/2019/07/08/yamap/


目次

① 山登りのための地図を無料でダウンロードできる

②山登り中、たとえ圏外でも居場所がわかる(こちらも無料で)

③仲間へ情報公開ができる


①以前は知らない山を登る時、地図を用意するため本屋へ行き、1000円ぐらい払って買ってました。

このYAMAPからは無料の地図をダウンロードできるので、山登りに出かける前にアプリからダウンロードをし、スクショなどして準備しておけば本代を節約することができます。(PCから印刷可能な様です)

こんな感じで倍率を変えて、表せます。

大方、山登りするようなコースは含められております。

②携帯が圏外でも現在地がわかるというのが、このアプリのとてもありがたいところです。

というのもGPSを駆使されているので、オフモードで現在地を特定可能です。バッテリーの消耗を抑えながら使用可能ですね。

また、家族や友人に対して山登り中のGPS位置情報を随時通知することが可能になっております(2019年7月から:「みまもり機能」としてリリース)

実際、この機能を使用して登山者の命が助かったケースもあります。

https://note.yamap.com/n/n300242c890fa

行ったことがない山登りコースや、あまり知られていない山登りコースなどでは道を踏み外すことは多々あり得ます。

このアプリを手にすることで、大事な方へ安心感を与えながら山登りに集中できることがメリットではないしょうか。

③やはり、山登りに出かけて、心躍らせ登った道中は、誰かにシェアしたいものですね。

運が良ければ、珍しい花や、綺麗な景色がiPhoneの中におさめることができるかもしれません。

Facebook、インスタなどのSNSへ公開できますので、山登り仲間を増やしていくことも可能です。

また山登りに際し、直近で大雨が降った場合などの状況を伝える意味合いも大きいと思います。

総合的に、山登りにデジタルツールを持ち合わせれば安全面の確保と、仲間との楽しい情報共有が可能になるのではないでしょうか。

もちろんアナログ的なものがあってのことですが。

そういうことで今年の夏は、私はYAMAP使って情報を公開していきますね。

上の写真はランチのテイクアウト用の鶏肉弁当です。500円 税込

こんなきちんとした弁当でこの安さは驚きですね。

うめちゃん弁当また買います!

https://tsudoidocoro-umechan-wakakusa.gorp.jp

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

インターネットとWEBの違い言えますか。中年オヤジのあやしいIT知識

中年半ば過ぎの私ですが、PCを使用し始めたのはいつだろうかと

振り返れば大学時代、今で言うExcelがわりにLotus1-2-3というソフトを使い、

https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20141003-00039667/

水産学部の研究室内でわけもわからず、海水温、海水密度などの数値をマックに向かい、打ち込んでいたことが始まりでした。(正式には海洋生産コースというお部屋で、研究もどきの作業をさせられていたというところでしょうか)

大学を卒業し、とある製薬会社へ入社して、長い研修期間の後、現場に配属になり、若干お金に余裕ができた頃、20数万円程度を支払い、自腹でノート型PCを買ったのが初めてでした。

仕事に投資していることで自己陶酔していたんでしょうね。そのお金を投資に振り向けていれば今頃、、、。

まだ、会社支給でPCが営業社員へ配布されることがなかったため、営業所内に自分のPCを持ち込んでいるのを先輩方が興味深く覗き込んでいたことを思い出します。

但し、その時インターネットに繋ぐ知識がなかったため、情報収集として活用しているわけではありませんでした。

まだその当時は、PCをネットワークにつながず、単独で使っている方も多く存在しておりました。

(インターネットを使用するためにはプロバイダへ契約しなければならないことなど、まだ知る由もなかったですね。まさに豚に真珠でした。笑)

2000年ぐらいから時代が大きく変わり、どこの製薬会社も営業社員へPCを支給し、日常的にはPCを活用する状態にはなってましたが、

情報収集という観点では全く活用されておらず、むしろインターネットに接続するのは時間もかかるし、怖いという感覚もありました。(変なところをクリックしてしまうんではないかと心配してましたね)

そんな時代背景であったため、インターネットとはどういうものかということを勉強することなく、今に至っております。

そして現在は、インターネット、WEBを活用して、公私共々時代の恩恵を最大限受けている状態ではありますが、

ここで質問です。

インターネット、WEBということを誰かに説明できますでしょうか?

おそらく私と同様、中年の方は10 人中2人程度も正確に答えられないのではないでしょうか。

実はインターネット関連で働かれている方も同様な状態のようです。

そんなことで、知ってるようで知らない言葉の意味を、整理してみました。


目次

①インターネットとは

②WEBとは


①インターネットとはコンピュータとコンピュータをつなぐ線(ネットワーク)のことです。

ここまでは伝えることができる方も多いかもしれませんが、それだけではちょっと説得させられません。

下記のブログを参照させて頂き、かいつまみますと、

https://diamond.jp/articles/-/76258

1つのコンピュータに1つだけのコンピュータを接続する(ピアツーピア:仲間と仲間をつなぐという意味)わけではないので(通常は多くのコンピュータと接続しますよね)

コンピュータの役割をクライアント(利用者)とサーバー(奉仕者)に分けて、複数のコンピュータから一つのサーバーを同時に使う状態を、クライアント/サーバーネットワークと言います。

それがもっともっと広がり、世界中のコンピュータと網の目のようにネットワークをつないでいく、それをインターネットと言います。

本当はもっと伝えられるべき情報はあるはずですが、先ずはここまでを自分の言葉で言えることが大事なのではないでしょうか。

②「インターネットのことをWEBというのではないの」

そんな声も聞こえてきそうですが、以前は私も同じことだろうと思っておりました。

しかし、ブログを運営することになってからテキストを使用したりと、少しニュアンスは違うなあと思い始めてきました。

下記のブログを参照させて頂き、かいつまみますと、

http://www.toha-search.com/it/web.htm

Webとはインターネット上のさまざまな情報(テキスト、画像、動画)を関連付け、結びつけるシステムを言います。

またWebは日本語で「クモの巣」を意味し、それがワールドワイドに広がった、情報と情報がまるでクモの巣のように網目状に張り巡らされた世界をイメージしてるものを言います。

つまるところ、コンピュータを使用すれば、世界のどこでも情報が得られる優れたシステムなんですね。

2つのワードは若い方でも意外と言葉にするのは難しいのでは、

と想像しておりますが、身近な若い方へコミュニケーションの一環として、是非お尋ねしてみてください。

上の写真は休日の朝の吉野家の朝定です。503円税込 テニスの練習に行く前に、久しぶりに吉野家さんへ行きました。

驚いたことに、ご飯はなんとおかわり自由!

今回は大盛りにして頂きました。ワンコイン程度でこんな充実した食事ができてしまうお店が日本にあること、素晴らしいと思います!

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

GO TO キャンペーンは誰のため

2020年7月22日から始まる【GO TOキャンペーン】をめぐり、東京でのCOVID 19感染者数増大を契機に、条件が新たに付け加えられました。

それは東京宿泊者や、東京在住者を対象から除外するという条件の中で、運用されることに決定されました。

国として、1兆円を超える莫大な予算で組まれた一大ビックキャンペーンであるのに、

東京在住者が活用できなくなることはどんなことか、今一度想像して頂きたいところです。

その新たな条件のために、私が住んでいる栃木県でも大きな問題が生まれております。

栃木県には日光、那須地区といった観光スポットがあり、多くは東京からのお客様で成り立っております。

私は少しでも地元へ還元できればと思い、この夏、日光市、鬼怒川温泉にある「あさやホテル」を予約しましたが、

https://tripnote.jp/nikko/kinugawa-onsen-asaya

そのあさやホテルでは、東京在住者がキャンペーンを使用できないことになり、下記のように、急遽200件を超すキャンセルが相次いている状態に落ち行っております。(その内、半分が今月の予約だったそうです)

https://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/20200717/1090007308.html

【GO TO キャンペーン】の恩恵を、最大限活かせるように下記のような条件を調べた上で、旅行に出かけようとされた方も多いかと推察しておりますが、

https://www.jiji.com/jc/bunshun?id=38988

実のところ、あさやホテルのような高級ホテルに宿泊を予約されていた方は、もともとキャンペーン活用での値引き率を期待して予約された方ばかりではなかったと想像しております。

というのも、一泊1人6万円といった大金プランの部屋なども多くあり、そういったリッチな宿泊者にとっては、いくらキャンペーンでお得感があったとしても、それ自体はどうでも良いと思われる程度だったかもしれません。

それ以上に世間の風潮から、この状況下では旅行自体を楽しむことが困難であると判断し、キャンセルに踏み切ったというのが実態なのではないでしょうか。

ホテル側は最大限の配慮をされて、お客様の来場をまたれております。

私が予約したプランはホテルのプランの中で一番安いものですが、予約後には丁寧なメールなどもホテル側から送ってくださり、安心感も提供してくださってます。

自家用車でホテルに入り、ホテルの一室でゆっくり滞在され、広々とした湯室(露天風呂もあり)にて湯船につかり、個室の部屋で食事をし、次の日には静かに家に帰る。

そんな営みをどうして避難されることなのでしょうか。

今回、マスコミなどではGO TOキャンペーンの実施に際し、反対意見ばかりを押しつけている節を感じましたが、ホテル側がどれだけ努力されているかといった視点で、公平に映し出しているかとても疑問をいだきました。

また、観光が悪いのではなく、三蜜が悪いことを伝え切れていない感があるのではと思いました。

上念司チャンネルによると、

https://youtu.be/AZ7cRgnp0ew

このキャンペーンのグダグダぶりがよくわかります。

投票数を集めたい利権者側の、キャンペーン自体が政治の道具として踊らされてしまっている節は多々あることかと思いますが、

個人個人が自らの頭で判断して、キャンペーンを活用するかを決めていく必要もあると思いました。

今回の件は人として、どう選択するかといったテーマを突きつけているかもしれませんね。

上の写真はランチで食した親子丼です。650円 比較的アットホームな食堂内、大人の男たちが数名座っておりましたが、食事を提供されるまで静かに待ち、静かに食されてサッと去っていかれました。

コロナ禍といえ、普通の営みを行えることは素晴らしいと思いました。

https://ameblo.jp/zx1ql3gd8/entry-12409676916.html

<>このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

私の家政婦ナギサさんを見て、現役MRが思うこと

2020年7月から多部未華子さん演じるMR(製薬会社の営業担当者)が主人公(メイ)であるTVドラマ、【私の家政婦ナギサさん】ご存知でしょうか。

https://youtu.be/efh8zy5LhEk

一般的に、医療系を題材にしたドラマなどでは今の時代でも、製薬会社の営業担当者は未だに接待を行っていたりなど、現役MRからみて

「いったいどんな時代の話ですか」

と心からTVドラマ制作側へ問いたくなる設定が多い中、1話、2話を見ている中で意外にもこのドラマではリアルなMRの一面をしっかりと覗かせており、TVドラマ制作側はよくここまでリアルに描けているなあと感心するぐらいでありました。

MRという職種につきまして、以前下記のブログに記載しましたが、

https://masayan.jp/2020/06/13/sales-rep-called-mr/

実際、多部未華子さんの様な、仕事熱心な女性MRがまわりに多く存在しております。

リアル感を描写されていたポイントを筆者の視点から解説して行きたいと思います。


①製薬会社MRは女性の人数が多く活躍されている

②薬剤選択の決定について

③ライバル会社との関係は

④製薬会社おじさんMRの位置づけは


①このドラマの中の設定でも、組織の長である支店長が女性である様に、営業サイドの管理職も増加しており最近では特に珍しいことではありません。

また主人公であるメイはジャスト28 歳と、組織の中のメンバー構成からみても若いのですが、女性である支店長から直々にチームリーダーに推薦されるなどはよくある話でしょう。

会社としても女性にキャリアの道筋を作っている感は十分リアルでした。

実は私が20数年前、大学後、最初に入社した会社の同期である、とある女性が管理薬剤師として入社し、TVドラマ同様、現在製薬会社の支店長をされております。

そんな彼女ですが、その当時は営業所に戻られた同僚へお茶出ししたり、その当時ぐらいから普及し始めたPCの扱いに困っている同僚へ優しく教えたりと、管理薬剤師としての本業以外にもいかんなく取り組まれてました。

彼女は優秀ゆえ、自分の仕事をあまり早く終えてしまうとなにもやることがなくなってしまうと嫌味は全くなく、よく言ってました。

その余裕がある分、周りがよく見え、同僚へ優しかったんだと思います。(なんて間抜けな仲間ばかりなんだと、同情の目で見ていたかもしれませんが)

会社もよくみているんだと思いますね。

ここからは筆者の主観ですが、

活躍されている多くの女性はメイの様に、ガムシャラ感は出している方と、そうでない方と大きく分かれる様な感はありますが、

会社の中で長くキャリアを積み上げられる女性の多くは、意外にもガムシャラ感を出さない人(見せないと言った方が適切ですかね)の方が多いかもしれません。

②ドラマの中で、メイはとある医療機関の先生へ、自社製品を他社製品との比較の中で有用性をプッシュしておりましたが、他社製品の方が選ばれることになりました。

その理由は、他社MR(男)がお客さんである先生へ、当医療機関に通われる患者さんに適した提案をされ、それを先生が評価されたからです。

現実的には現在、業界のプロモーションルール上、他社製品の比較などは言えないのですが、

顧客に寄り添う提案は、時代は変われど普遍的なものであり、番組を視聴している現役MR達も、改めて見習うべきエピソードだと思ったかもしれません。

また製作側がここまでリアル感を表現したことも、評価すべきポイントと思いました。

③番組の中ではライバル会社の社員と仲良く飲み会をしている設定になっていることに、自分が属する業界ではありえない、現実とは違うだろうと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、

製薬業界ではリアルによくあり得ることです。

ライバル会社といえども得意先情報など、共有した方が良いことは多々ありますし、協力していくこともあります。

というのは、患者さんが多い疾患には多くの治療薬が大体存在します。

理由としてはA、Bという薬が世の中に存在して、臨床試験では効果が同じぐらいであると評価をされていたとしても、ある患者さんはAという薬は効かないけど、Bという薬はよく効くといったことは往々にしてあります。

TVドラマの中でも最終的には「患者に合わせて使い分け」ということになりましたが、実際もそうだろうなと思って見てました。

またドラマの中でWEB講演会の話が出ておりましたが、講師である演者も他社とかぶることが多いので、やはり仲良くしておいて越したことはないのです。

④今どこの業界も同様かとは思いますが、私を含め中年サラリーマンの存在は厳しいですね。

サラリーマンは仕事ができるできない以前に、個人の仕事へのモチベーションは、属している組織が社員になにを期待しているかで変わってきますからね。

個人的には、ドラマの中で失敗したチームリーダーのメイに向かって、失敗した後、なにをするかを問いている中年社員の様に、若い方へ良い気づきを与えられ、サポートできる社員でありたいと考えております。

近年、多くの製薬会社で早期退職を推しております。

厳しい状況は変わりませんが、まだまだ先は長いので頑張っていかなければなりませんね。

中年の私から一言、「中年のおっさんにも光を当てたTVドラマ作成いかがですか?」

もちろん冗談ですよ!笑

上の写真は外回りの中、ランチで食したラーメンです。外回りの仕事であるMRは、外でランチを取ることが多いと思います。

美味しいラーメンを食べることで、午後からの仕事のモチベーションにしております。

https://pool330.blog.fc2.com/blog-entry-3146.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

上念司チャンネルよりコロナ感染者数の実態知りました

緊急事態宣言解除から時が過ぎ、7月も上旬を過ぎようとしております。

鬱陶しい梅雨時期ど真ん中でありますが、行こうと思えば居酒屋にも行けますし、レジャーに出かけることも可能な状況です。

しかしコロナ感染は全く収まっていないのか、東京では感染者数は再び増加傾向であり、1日あたり200人を超えている日もあるといったニュースを耳にすると、

今晩こそは馴染みの居酒屋へ行き、自粛で大変な思いをされたお店を応援しようと決意するのですが、

この様な情報が入ってくると途中気持ちがへたれ、そのまま自宅へ戻っている状態が続きます。

(週末ともなると地方都市である栃木県宇都宮市内の居酒屋も、賑わいを取り戻しつつあるようですが)

それにしても、数字というのは飲兵衛の気持ちを変えさせるだけの大きな影響力がありますよね。

今後また緊急事態宣言が復活し、再び仕事やプライベートも制限されるのかと想像すると、

やっと以前に戻りつつあるのになあと複雑な気持ちになってしまいます。

そんな中、「上念司チャンネル ニュースの虎側」では

https://youtu.be/wlpBSWl_Bgg

上念さんが再生担当大臣である西村さんのコメントを大変ポジティブに紹介されておりました。

西村大臣が今月9日にコメントされた内容は、

現在のコロナ感染者の状況ならびに受け入れ病床側の医療体制を数字で説明されており、4月の状況とは大きく異なる点をお伝えされております。

今月9日の感染者数224人(30歳以下8割)直近15日間での死亡者数0人、重症者6名→ピーク時93名

現在入院者441名に対して、1000床確保済み、また近々に3000床まで増やすし、軽症者が宿泊されているホテルも確保済とのことです。

感染者の内訳として若者が多いということと、重症度が高い方が少ない点(中等度は多いようですが)は死亡リスクが低いことを想定されますし、

なにより医療体制が十分確保されている情報は安心感を与えているのではないでしょうか。

これから予定通りイベントも1000人から5000人まで収容が可能になる段階で、感染者増加の話題はタイミングよろしくないのですが、

そういったイベントが開催される時は、コロナ対策を万全にされることでしょう。主催者側も意地があるでしょうからね。

人との関わり、これまでに気づきあげた文化を大事にしながらコロナと共存していかなければならないところですが、運悪く感染してしまった場合、まわりの方の許容度も高くあって欲しいなあと願います。

我が家においては、私は営業マンゆえ外に出ますし、妻も同様、パート先では無防備な子供達に囲まれてます。娘は高校では吹奏楽部で、来月那須に合宿とか言ってたなあ。

まあ、こういう状況であると、感染した時を想定しておくことの方が大事かもしれませんね。

今回、上念さんのチャンネルを通して、4月とは大きく状況が異なる感染者の実態を知り得ましたが、

私は未だ自粛呪縛が解けていないことや、私自身が思っている以上に感染の恐怖を感じていることがわかりました。

予断を許さない状況には変わりはないかと思いますが、マスクをして、空調やまわりの人の状況を確認しつつ、普通の社会活動をしていこうと思いました。

上の写真はランチで食した、街中華屋さんの肉丼です。620円

店内の混み具合を確認した後、久しぶりにカウンターで食しました。

マスターが中華鍋を振っている姿を眺めながら、料理ができるのを待っている間も幸せですね。

もちろん肉丼うまかったです!

https://www.tochinavi.net/spot/home/?id=2840

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

夏山登山 コロナ禍の状況は「ご近所登山」が選ばれてます

2020年度の夏休みが近くなってきましたが、山好きな方は今年の夏山登山のご予定はお決まりですか。

山好きな人間にとって、夏が近づいてくると今年はどこの山に登ろうか、

山小屋はどこに泊まろうかなど想像し、計画を立てている時からワクワク感を味わえ、いてもたってもいられなくなる衝動を覚えますが、

今年は7月に入ってもコロナ禍が続いており、夏山登山を計画してもいいのか、計画したとしても山小屋などの状況はどうなっているのか?

とても心配であります。

北アルプスの入り口である上高地では、東京や大阪・京都などからダイレクトに上高地に入ることができる「さわやか信州号」が下記のように、今月22日から運行再開されることとなり、なんとか登山客が現地入りできる状況にはなっているのかと思いきや、

https://www.upon.co.jp/highland/tyo/

先日の大雨で上高地は下記のブログと通り、大変な状況の様です。

https://tokusawaen.com/michikusa/

なんと1日の雨量で、一月分の雨量に達した様ですね。

そんな中、北アルプスの山小屋では月半ばぐらいから営業を開始される予定ですが、無事営業開始できるかとても心配です。

(予約されている方は、確認された方が良いかもしれませんね)

https://www.yamakei-online.com/journal/detail.php?id=5746

全国の山小屋の中には、今年は営業を行わないと決定したところもあるそうですが、夏に営業をしないということは、山小屋にとって今年1年間無収入であることを意味し、また山小屋を維持する費用も捻出しづらい状況になることも容易に想像できます。

緊急事態宣言に伴いまして山登り自粛要請もありましたが、山小屋に関わる人達にとって自粛することが本当に良いことなのかわからなくなってきました。

というのも来年以降も山小屋経営は維持できるものなのか、そんな疑問がよぎるからです。

いっぽう、私は緊急事態宣言下ではありましたが、以前下記のブログで記載した通り、県内の低山登山に出かけておりました。

https://masayan.jp/2020/03/22/i-recommend-climbing-low-mountain-rather-than-high-mountain/

もちろん、自己責任の元、県内の比較的安全度合いが高い山を選び、家族で登山に出かけました。

具体的には家から登山口までマイカー利用。そして登山中はソーシャルディスタンスが保つには十分であり、体力も十分な状態で下山しました。

登山者の今の気持ちを知りたくて、ネットで調べておりましたら大変興味深いデータに出会いましたので紹介致します。(YAMAPの登山者向け意識調査引用させて頂きました)

https://corporate.yamap.co.jp/news/archive/2020-06-05/

私と同様、このコロナ禍においてなんと約3割の方が「ご近所登山」をされていた様です。

そして、コロナ禍において山登りの趣向が、「個人/少人数」×「日帰り」×「近場」にシフトした様子が浮き彫りになっております。

自宅から登山口までの移動で、群衆を避け、密にならないことを心がけた結果であると言えるのではないでしょうか。

山登りとは本来危険なことであり、危険を回避して行動することが求められます。

しかしリスクを十分考えて上で、レジャーやスポーツとして楽しむことは本来許されております。

(決して独りよがりではないやり方としてですが)

山林に入り自然に触れることで精神や肉体が健康に保たれます。

それを享受できるメリットは大きいですからね。

コロナ禍の落とし所として「ご近所登山」が、多くの山を愛する仲間達から選ばれているんじゃないでしょうか。

もちろん、ご近所の山が低山であっても新たな発見は多分にあり、楽しいですよ。

今年の夏は家から遠く、人が多く集まる有名な山ではなく、ご近所の無名な山登ることをご検討されてみるのも良いかもしれませんね。

もちろん自己責任で。

上の写真は妻と2人でドライブに出かける前に食した和食屋さんのカレーランチです(750円税込)ゴロゴロとした具材が良かったです。妻は下の写真、カニクリームランチを選びました。和食屋さんということもありえ、味噌汁の器も立派で味も美味しかったです。

良い店はこの厳しい時代でも客足は変わりませんね。昼時、決して蜜な状態ではないレベルでお客様が入ってました。

カニコロッケランチ750円(税込み)

https://ameblo.jp/zx1ql3gd8/entry-12435109394.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

一石三鳥 猫の寺 那須 長楽寺

猫がお店の前で佇んでいる姿に引かれ、なぜかお店に入って行ってしまうことはございませんか。

お店の亭主は意識をされているのか、或いはされていないのかわかりませんが、

世の中には猫が存在することによって、お店がうまくまわっているところも多いかと思います。

例えると、焼き鳥屋さんが鶏をタレにつけて焼いている時に出る、ちょっぴり甘くかぐわしい匂いを嗅ぐことで、お客さんがお店に引き寄せられる様な感じと言ったところでしょうか。

どんな商売でも大事なことは、商品を売る前にいかに興味を引き立たせるかと言った本質を、店頭にいる猫が教えてくれた様な気がします。

実際に猫が引き金でその店舗などに大変興味を持ってしまう人も多いかと思いますが、

私もその一人として、今回は栃木県の最北部にある、猫使いで有名なお寺「長楽寺」さんに行ってきました。

https://www.cat-days.com/diary-69/

一度下記のユーチューブをご覧になって頂ければと思いますが、

https://youtu.be/XhB2kyLRTNU

住職さんがご飯を食べる時、お寺で飼われている4匹の猫が住職さんとまるで一緒にご飯を食べているかのような光景は、

猫好きの人々にとって大変興味がそそられたり、心が温かくなる感情を持ってしまいますよね。

そんな長楽寺さんですが、何度もマスコミに取り上げられたようですが、飼い猫の様子を定期的にユーチューブで動画をあげられ、毎日のようにツイッターにあげられ、視聴者を楽しましてくれます。

そんな様子を見ていると、当然お寺に行きたくなりますよね。

お寺は有名なので大きいのかなと想像しておりましたが、実際はコンパクトであり、よそ者の私を飼い猫は察知しておりました!

住職さんが住まわれるお家に入り、奥様と飼い猫の話題で会話をさせて頂きました。

そのついでにはなるのですが、この様なグッズも買ってしまいました!

ネコ型の交通安全、学業祈願、金運祈願です 各700円
私の小銭入れに金運のグッズをつけました!

皆さんへお伝えしたいことは、私は長楽寺さんのユーチューブを見て可愛い猫がいることに興味を持ち、知らなかったお寺を知り、そこにお邪魔しグッズも買って、お賽銭も支払いました。

まさにお寺側にとっては一石三丁ではないでしょうか。

全国では檀家が減って厳しいお寺が多いとの話を聞きます。

ここの住職さんのようにユーチューブやツイッターで発信することで有名になり、私のような参拝者を増やしたりと、頑張っていらっしゃる姿は、感銘を受けました。

なにより今の時代に沿ったものを上手く取り入れ、オリジナリティあふれるアイデアはとても素晴らしいと思いましたし、参考にしたいと思いました。

また機会があったら参拝し、飼い猫の姿を見たいと思います。

お会いできた猫は、奥様曰く現在9歳とのことなので、まだまだ長く生きていそうですからね。

お猫さんは動画で見ての通り品がよく、幸せそうに暮らしていましたよ。

猫が幸せに暮らしていることを見ることで、ホッとするのは何故なんでしょうね。

参拝後、JR黒磯駅そばにカフェにて

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

弁当男子 その4

我がテニスサークルでは中年の私と同世代の仲間達も多く存在して、毎週末にテニスの行うことで、日々の活力を得ております。

週末にテニスができること自体とても幸せなことであり、それ以上のものはないと中年の同世代の仲間達は考えておりますが、

「あと何年働かなくてはいけないんだろうか」

コートサイドでの何気ない会話の中で、そんな言葉がふともれることに気づきます。

正直、私も今後3年半も経てば50歳。ピロやんさんみたいに

https://masayan.jp/2019/09/20/i-want-to-receive-teaching-from-piroyan-san-who-never-want-to-work/

「半世紀生きた。もう働きたくない!」

そう言いたくなる気持ち、とても共感します。

しかし現実は決して悠長なことを言っていられる方は少なく、家では小さな子供さんがいたりして、

まだまだ全てをほったらかしにしてテニスに没頭することはできない方も多いのではないでしょうか。

そんな中年世代の仲間達からの、本音の声を聞ける瞬間があるだけで、ホッとすることがあります。

職場ではさすがに全てを本音で話すことは難しいですからね。

ところで、庶民派がメインである、我がテニスサークルの仲間達が持ってくる弁当や、お昼を取る内容には大体パターンがあります。

今回、最近手術をされ、無事復活されたYさんの弁当を取らせて頂きました。(上の写真)

Yさんはいつも自分でお昼の弁当を準備されているのですが、毎度の特徴として流水面をタッパーに詰め、刻みネギを持参されます。

麺汁と刻みネギをその場でタッパーの中に入れて食されます。

実に軽快に麺をそそられております。ネギ多めが好みのようです。

やはりスポーツの後は体がへとへとになり食べづらいところですが、これなら疲れた体にあっさりと入って行けそうな食事ですよね。

Yさんは何より奥様に用意させるにではなく、自分で流水麺をタッパーにパックされ、テニスコートに向かわれる点が素晴らしい。

また食費的にもこれならそんなにかからず、自分の趣味に打ち込むことに罪悪感は感じないでしょうからね。コスト意識も十分お持ちのようで。

(私も休みの時は、自分一人だけ値段が高いものを食すことに抵抗があります)

Yさんは家族サービスも良くされるようで、妻と学童と共に富士山の周辺でキャンプをされたり、アウトドアなどを楽しまれます。

今年はコロナの影響でそんなに遠くまでいけないようですが、通常の夏休みならばお父さんの手際の良いアウトドア実行能力をいかんなく発揮されているのでしょうね。

私も次週はタッパー準備して真似してみようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

ギグワーク 増えているみたいですね

大都市では自転車をこぎながらウーバーイーツのバッグを背負った人の姿を目にすることは珍しいことではないのでしょうが、

ここ栃木県宇都宮市という、東京から新幹線で約1時間程度の地方都市でも、週末では最近ちらほらとその様な姿を目にする機会が増えております。(宇都宮市では2020年6月2日から街中心部でサービスが提供されている様です)

配達をされる方の条件は、18歳以上であれば誰でも良いようで、1配達20分程度で400円、 30分程度で600円とやり方次第では結構良い報酬を稼ぐことができそうです。

ウーバイーツの配達を含め、【ギグワーク】というみたいですが、ご存知でしたでしょうか。

ギグとは、もともと音楽の演奏においてミュージシャンなどがセッションを行ったり、クラブなどで単発で行ったりすることを示している意味ですが、ギグワークとはそこから由来するそうで、

(下記のブログ参照)

https://wpsetup.biz/archives/13548

一回一回の契約に基づき行う仕事のこと、つまり単発性の高いお仕事を表しております。

また、ギグワーカーはフリーランスとは異なる位置づけとして示されております。

私の情報源である、イケハヤ大学ではこのギグワークが増加している現状について最近取り上げられており、知り得ました。

https://youtu.be/yCEqJS14Gt8

日経新聞でもギグワーカーが100万人を超えたことを取り上げられていましたが、

この背景にはコロナ禍における影響(残業代カットなど)などもあり、空いた時間の有効活用など、働き方の選択肢が増えていく反面、良いことばかりではないことも事実でしょう。

ずばり、賃金や補償の面で、労働環境は良くないということです。

仕事中怪我した場合など、守られる環境が脆弱な面が心配です。

イケハヤ先生は、その点を警告されております。

元気そうな若者がバックを担ぎ自転車をさっそうとこいでいる姿を見るたびに、無事であって欲しいと願います。

もしかしたら近い将来、自分の娘も同じようなギグワークしているかもしれませんからね。

話は戻りますが、ギグワーカーとフリーランスの言葉の定義でわからないことがあります。

それはギグワークの代名詞でもあるウーバーイーツで配達をされる方の中には、1日で2万円程度稼ぐ方もいらっしゃるようです。

ここまで稼ぐ能力があるとかなり専門性が高いともいえるので、その様な方はフリーランスと言っても過言ではない様な気がしますし、

一方、ウーバーイーツの配達でうまく稼げない方でも、その自分の体験例をネタにして、ユーチューブやブログなどに活用して収益をあげられている方もいらっしゃいます。

そういう方も、フリーランスと言っても良いのかもしれませんね。

イケハヤ先生によればもともと日本人でフリーランスの割合は16 %と米国と比較しても半分程度であるようですが、

サラリーマンの私にとってもますますフリーランスの割合が上昇していくことは容易に想像できます。

ギグワーカー100万人の事実とは、今後の日本の仕事のあり方の方向性を示している話題でもあるんですよね。

ギグワークとの良い付き合い方ができれば世の中良いのですが。

改めて、仕事とはなんなのかと深く考えるテーマでした。

上の写真は茨城県結城市にある有名な「もつ焼きそば」です。

ソースはかなり酸味が強いのですが、焼きそばの麺にのせられた豚のもつがほんのり甘く、いいバランスとなっており、食が進みました。

お昼時、ひっきりなしに持ち帰り注文客が来てましたよ。

http://oogui-gurume.jp/archives/40180875.html

独自性も強く、将来変わらず安定しているのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

ピークを知る男 話題になってうれしいです。

東京メトロでは混雑する通勤通学時間帯の緩和対策として、今年の4月から下記のプロジェクトが始まったいることをご存知でしょうか。

https://www.fnn.jp/articles/-/29506

以前から通勤通学時間帯への緩和が叫ばれており、なんとかインパクトをつけていこうと試みる中、プロジェクトの目的はよく理解できることかと思います。

そのプロジェクトキャンペーンに選ばれた人選並びに「ピークを知る男」という言葉のニュアンスがとても興味深く、反響が大きいようです。

一発芸人と呼ばれている(一発でも当てれたら凄いことですが)ダンディ坂野さん、小島よしおさんのお名前が同列で出ていることも凄いことなのですが、

二人の人生のピークとラッシュアワーのピークを重ねていることで、こんな表現ありなのか、と度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。

当事者にしてみれば、人生まだまだこらからと思われているかと想像しておりますが、

一度でもピークを達成できた。そして今はそうでもないし、新たにブレイクして行こうと試みる価値観もありません。(勝手な解釈ですいません)

そんな粋な配役を鮮やかにこなされているところも大変共感を感じられた方も多いのではないでしょうか。

ところで中年である筆者は社会生活の中で「中年のおじさん枠」としかみてもらっていない現実に直面することが多々あります。

仕事やテニスサークルでは組織の最下層の一兵卒として、日々若手の方と触れ合うことは多いのですが、

こちらは若手にフレンドリーに接しても、若手にとっては、心のどこかで

【あの人はおじさんだから同じでない】

という分類に分別されていることに気づくことがあります。

当たり前といえば、至極当然のことですが、自分自身、まだまだ受け入れていないことに気づく時でもあります。(はたからみたら50歳近いおっさんなんでしょうけど)

そんな時、「ピークを知る男」と、堂々と自分に受け入れていける生き方ができたら良いなあと心から思いました。

正直、私、初めてゲッツもこんなの関係ないも見た時、芸風としてはなんだかなあと思いました。

しかし今ではやり続けられたことでお笑いの視線から、尊敬の視線に変わってきております。

本当はまだまだと感じているからこそ、ピークを知る男として受け入れられるのか、或いは世の中を達観した思いで受け入れられているのか。

両芸人さんの本当の心の中は誰もわかりませんが、意外と自分自身の心の落としどこで見方も変わっていくのだろうと、

ポスターを見るたびに考えてしまいますね。

どちらにせよ中年オヤジにとって同じ時を過ごしてきた仲間たちが、

良い意味で話題になってブレイクしている事実が心からうれしいです!

上の写真は宇都宮市宮の内というところで遅めのランチをとりました。ミックスフライ1300円 タルタルソースがとてもフライに絡み、うまかったです。またお店の外側からもただものではないと思いましたが、店内も雰囲気がおしゃれで良かったです。

https://ameblo.jp/hiroy-agc/entry-12007606426.html

食後のコーヒーに添えられた一口サイズのお菓子も良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング