オンライン飲み会(仮想居酒屋)とは

自宅警備員になってから、何日経ったのでしょうか。

夕方、一日を振り返ると外に一歩も出ずに終わる一日に、無味乾燥感を覚えますが、それと同時に全く出費ゼロの日でもあったことに気づきます。皆さんはいかがお感じでしょうか。

この様な生活パターンですと居酒屋の暖簾をくぐる機会がばったり途絶えてしまったところですが、街中の馴染みの居酒屋さんが気になります。

おそらく、お馴染みの焼鳥屋さんならば、お持ち帰り用の焼き鳥を販売されたりしてこの時期を耐えていらっしゃるかと想像しておりますが、

コロナ騒ぎは酒飲みの飲み方自体を変えてしまいましたね。

ところで「オンライン飲み会」というものをご存知でしょうか。

読者の中には、そのワードは知っているけど、まだネット上の話の世界であると思われている方も多いのではないでしょうか。

最近、このオンライン飲み会のお誘いを受け、行ってきました。今回はその時得たことを書いて行きたいと思います。


目次

①オンライン飲み会と、その開催方法、開催場所

②メリットは

③デメリットは

④感想


①参加者とオンライン上でコミュニケーションをはかることをオンライン飲み会というのですが、「青春18きっぷ」の如く、決して18歳ではなくてもきっぷを購入し使える様に、

「飲み会」というワードは使いますが、飲むも飲まないのも、なにをつまみにするのしないの自由です。

「飲み会」実施にあたり、Zoomとか下記の「たくのむ」といったものを活用するのですが、

https://tacnom.com

通常はZoomの使用には40分以上は有料になっていたり、「たくのむ」では7人以上で有料など条件があるのですが、このコロナ自粛期間は無料であったりと融通をきかして頂いております。

テレワークと同様、飲み会の仕切り者から参加者へ招待メールを送付し、開催時刻になったところで参加者がそのメールを開封し、画面を映し、ミュートを外したところから飲み会が始まります。

私は自宅の自分の部屋で行いました。他の参加者はリビングで行ったりと、小さな子供もいる家庭ではお子様がオンライン飲み会に興味を示し、随時顔出しされ、しっかりと飲み会参加者の一員になっておりました。

②Zoomやたくのむを活用して行うオンライン飲み会では、参加者全員(たくのむはMAX12 人まで)の顔が画面上に全て同じ大きさに映っております。(アプリによっては画面上に映る参加者の数が少なかったり、発言者が変わるたびに画像が変わっていくなどします)

そういう面ではZoomやたくのむはオンライン飲み会を行うには使い良いアプリかと思います。

飲み会自体のメリットととして、移動の手間がいらない点、好きなものが食べれる点などがあげられますが、違う点を見つけました。

居酒屋では自分の座った席で、本日の話す相手が決まってしまうと言って過言ではありません。

一方、この飲み会では参加者全員の顔を画面上で見ながら、話すことができます。

また、その様な環境ゆえ参加者の共通テーマを見つけ出し、会話を進めて行きますので一体感を得られることが最大もメリットではないでしょうか。

コストの面で言えば、人によると思いますが、居酒屋で飲むより安くあげることは十分可能です。

③一方デメリットとして、飲み会の締めの時間が難しい点があります。

閉店というのがありませんからね。

そのまま寝てしまい、勝手に終了する参加者がいることは想像しやすいところではないでしょうか。

また、自宅で行う場合、会が盛り上がり、奥様をほっておくと後日大変なことになりますよね。

④オンライン飲み会を体験し感じたことは、この様なコミュニケーションの取り方もありかなと思いました。

仮に晴れて居酒屋に行ける日が来たとしても、毎回居酒屋に行かずとも、この様な方法で仲間達とコミュニケーションを取れるというのはコスト的にも助かりますし、手段の一つとして今後も活用して行きたいと思いました。

上の写真はオンライン飲み会のため、自分でつまみを作りました「なんちゃってかき揚げ」です。

サツマイモ、ちくわ、玉ねぎ、エビを小麦でまぶし、フライパンの上に少ない油を引いてあげました。天かすを入れることで少ない油でもかき揚げ風を楽しめることが可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

蕎麦屋の天丼食べてみたい

4月に入り、街の雰囲気が変わってきたことを実感します。

何が変わってきたかといいますと、お昼時になるとホテルや飲食店の店の前にテイクアウト用の弁当を販売されている風景を多く目にする様になりました。

このお店、夜だけではなくお昼もやっていたんだ。という新たな発見もあり、全てが悪い話ではないのですが、、、。

このコロナ騒動の中、店内で食事やお酒を取られる方が軒並み減っていることで、この様に急遽、やむなくテイクアウト用の弁当を用意されていることを思うと複雑な気持ちになってしまいますね。

特に、店内の雰囲気を含めてお酒などをメインに商売成り立っていたお店ほど、単価の低いお弁当販売にはやりきれない思いもあるのではないでしょうか。

世間的には、真っ先に飲食業界、旅行業界などからコロナ騒ぎの煽りを受け、今では車業界などを始めとする日本経済を大きく牽引する多くの業界にもダイレクトに影響しているのが現状ではないでしょうか。

私を含め、多くの業種の営業マンも軒並み営業自粛が当たり前といったところで、営業先に行けない営業マンが自宅勤務に切り替えられている話もよく聞きます。

「不要、不急以外は得意先へ出ないように」

この様な掛け声は緊急事態宣言が出る前から当然変わらないのですが、

得意先の訪問要請があったとしても個人的な判断で営業先に行けることが厳しくなってきているのではないでしょうか。

以前は営業マンが営業することが不要、不急であるならば営業マンの自己否定ではないか。と悔しい思いをしておりましたが、最近はそんなこと言ってられる状況では無くなってしまいましたね。

「行ってきます」と家内のものに言って、家のそばの駐車場で、動かすことのない営業車の中で過ごす日々が今後も続くことを想像しますとぞっとします。

スーツを着たり、着なかったりとまちまちですが、最近は家内のものも事情がわかってくれて変な気分ですね。

サラリーマンである以上、いきなり月給が来月から下がるという訳ではないのですが、この様な状態が長く続けば、続いた先はなにが待っているかは想像してしまいます。

そんな中、飲食店は苦しみながら今できることは何かを素早く探し出し、出された答えがお店の前で並ぶテイクアウト用の弁当なのでしょう。

サラリーマンである営業マンは飲食店とは異なり、自宅勤務解禁後まで考える時間がある点は大きく異なると思います。

しかし、自宅勤務解禁後を見越して今なにができるかを考え、なにかしらも努力したかどうかでその後が変わっていくことは容易に想像できます。

これまでやってきたことを深く深く掘って行くなかで、自分なりの答えを出して行ければと思います。

最近、自問自答することが多く、中年期を楽しむというテーマからそれてきておりますが、、、。

改めてコロナはより厳しい時代と試練を人々に運んできたんですね。

上の写真は私の友人が開業している蕎麦屋さんで、この度の件でテイクアウト用の天丼を準備されました。

蕎麦屋だけど、蕎麦でないところは複雑な心境かもしれませんが、蕎麦屋のカレーや、カツ丼を食べに蕎麦屋へお店に入ることもある様に新たなきっかけになればと心から祈願しております。

http://www.sobaya-koufuku.com

「蕎麦や口福」 愛知県岡崎市

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

続 氷河期世代 まりもんさんをご存知ですか

以前、ユーチューバーである氷河期世代 まりもんさんについてご紹介しましたが、ご存知でしょうか。

https://masayan.jp/2019/12/24/do-you-know-the-person-who-have-not-a-job-and-called-marimon-by-himself/

まりもんさんから配信される動画にはなぜか吸い込まれていく要素が多分に含まれており、私を含め、毎日視聴することを楽しみにされていた視聴者も多かったと思います。(2020年4月現在 登録者数五千人超え)

まりもんチャンネルの魅力の一つに、有名人でもない一般の方がユーチューブを始め、等身大の自分を定期的に配信していくことで、一定の成果を一年程度で出せたというのは、

ユーチューバーを目指す方にとっても大きな励みとなったと思います。

まりもんさんは動画の中でアドセンス収益の話も包み隠さずお伝えされており、動画配信を継続的に行えば、大人1人食べていける程度は十分稼ぐことができることを視聴者も知り得ました。

よってユーチューバーを目指す方の目標の人として、ユーチューバーの成功者として、まりもんさんを見るように変わっていったのではないでしょうか。

そんなまりもんさんですが、とある理由で活動休止を宣言された時、とても残念な気分になったフアンも多いと思いますが、早く復帰を期待しております。

視聴者が増えるにつれ、視聴者から様々な感情が芽生えていくことはいたし方ないのかもしれませんが、ここを乗り越えて頂ければと視聴者の一人として祈願致します。

と、思っておりましたらなんと活動休止宣言から約一週間で【復活】宣言動画が配信されております!

その中でまりもんさんが述べられているコメントですが

「皆さんへ会いたかった。動画をあげないでいると寂しく、ユーチューバーとして再確認した一週間でした」

まりもんさんの素直な気持ちがとても心に染みました。と言いますのも、

私も営業マンとして、通常は外に出てお客様に訪問しておりますが、このコロナ感染の終息が見えない中、今は自宅勤務しており、お客様に無性に会いたいと思います。

まりもんさんのコメントを自分に置き換えると、

「いつも行っていることから一旦離れることで、自分がなにがやりたいかを再確認できる機会なんだ」と納得しました。

今後もまりもんチャンネルから目が離せないですね!

上の写真は那須岳ですね。平日有給を取り、トレッキングを行いました。(三密しないため)ここの風景を眺めながら娘と一緒におにぎりを食べました。

コロナ感染騒ぎで那須町では、週末になると東京から避難しに来られた方がスーパーマーケットへ買い出しに繰り出す以外は人が見当たらず、寂しい様です。

軽井沢の状況に似ているのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

屋台のない花見

今月に入り、いよいよ栃木県宇都宮市の中心部の高台にある八幡山公園でも、桜の満開時期を迎える頃になりました。

こんなに良いところなんだ!と感動するほどの花見の名所ですが、

https://www.tochigiji.or.jp/spot/6045/

普段は立ち寄る人もほぼいないところゆえ、花見の季節だけは特別感漂う場所となります。

栃木県民の方は、ここに来られたこと多いのではないでしょうか。

各自がここでの花見にまつわる思い出エピソードもあるんじゃないでしょうか。

花見に来ている方や、グループをウオッチングしたりするだけでも面白いですよね。

10 数年前になりますが、私はここで妻と桜の木を植樹を行いました。

植樹を行って10 年後はプレートも外され、市民の木となるのですが、その木の下で花見をすることは毎年の家族行事となっております。

ところでですが、

花見を盛り上げてくれるのは、まるでお伽話の世界に連れていってくれそうな提灯であったり、何をつまみに酒を飲もうか考え、連なって出店されている屋台を眺めることであったりするのが普通の花見であるのですが、、、。

今年はコロナの影響で、提灯も屋台も全て無しでした。

頭では理解しておりましたが、いざその風景を見ると本当にないんだなと実感してしまいました。

但し、花見に来られた方はソーシャルディスタンシング十分可能な程度にほどよく存在し、提灯や屋台が無くても桜の美しさは変わらない。そして心が満たされる。

当たり前なことですが、シンプルに楽しめることはできるのですね。

少し話は飛躍し、私が従事する業界での仕事の一幕をお話させて頂きます。

医師が医師やメディカルスタッフに向かって、講演する会の企画、運営を、社会人になってから今も変わらずやっております。

通常、講演会後には参加された方の懇親の意味合いで、情報交換会というのがあります。(要は立食での食事会ですね)

今の時代は情報交換会を行わず、講演会が終わったら即終了ということも増えましたが、

昔はホテルの方に依頼して、情報交換会会場に提灯や屋台を用意してご参加された方をもてなしておりました。

時代背景によって変わっていくことは多々あるかと思いますが、今思えば、シンプルでも良かったのかなと思う節がありました。

日本の経済的には屋台を出せないことで、お金のまわりも悪くなるのは決してよろしくはなく、

出店できない現状を、なんとかカバーできないか本気で政府は考えて頂かなければいけないところですが、

シンプルに、素材のみを見て何かを感じることは大事であるな。

そんなことを再発見できた2020年の提灯、屋台無し花見でした。

上の写真は八幡山公園内を撮影(2020年4月4日)したものです。天気が良く、最高の花見でした。

来年は提灯、多くの屋台風景もみたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング