ゼロリスク、ハイリターン思考になってませんか

3月に入り、このところニューヨークダウ、日経平均の株価の動きが激しい状況が続いておりますね。

コロナの影響もその中の一つの要因かもしれませんが、1日のうちで大きな値動きが繰り広げられている現状を皆さんどう思われていらっしゃいますでしょうか。

ユーチューブでは毎日のように株価予測を掲げ、その対応方法を動画にあげていらっしゃる方が多いようです。

しかし、実のところ株価が上下どちらの方向に動いても問題ないように話をされ、うんちくだけ多く語っていらっしゃる批評家の様な方ばかりで参考にならないなあと感じることが増えてきました。

私も、そんな世の中のうんちくに惑わされている人間の一人でもありますが、株価投資の中で大事なことを腹落ちしてわかってきたことがありました。

それは長期投資と短期投資ではシナリオを分けて考えるということです。

それ自体は当たり前だろと思う方も多いかと思いますが、実際のところ今回の暴落において長期投資用の絶好の仕込みとして、或いはナンピンとして買い足そうかなと思われ、実行されたかも多いかもしれません。

サラリーマンの退職金として、401Kが導入されている会社も増えてきていることかと思います。

退職金の確定拠出年金部分は自分の判断に任されているゆえ、今が動かす時と考えた方も多いかもしれません。

タイミングよく長期投資、短期投資のシナリオを、ユーチューバー「草食系投資家LoK」さんのチャンネルで学びました。

https://milife-business.net/plofile2/

特に、今回の様な暴落時に知っておかなければならないエッセンスが詰まっておりますので、内容をご紹介致します。


目次

①長期投資、短期投資のシナリオ

②長期投資なのに暴落時に起こしやすい行動

③私の感想


①資本主義である以上、長期的には市場は成長するというストーリーを前提に、長期投資では短期的な値動きを気にしない、ゼロリスク、ローリターン思考です。

但し、市場選定や投資先の選定は別問題であり、しっかりしたところを選ばなければ意味がないとのことです。

一方、短期投資では短期的な利益が取れる可能性が高いと同時にリスクもあるので、逆に行ったら手仕舞いする必要があり、

リターンとリスクを同時に考える必要があるとのことです。

②暴落時にマインドを壊してしまう、やってはいけない行動として長期投資用の買いをあげられております。

いつものマインドを壊し、買い時と興奮してしまい、一時的に短期思考に陥ってしまうからです。

ゼロリスク、ハイリターン思考に入っていきます。(世の中そんなうまい話は早々ないですかね)

上手くいけばチャイナショック(2015年8月)のように早期に株価が戻ることもあるかもしれませんが、今回はリーマンショック(2008年9月)のように、底はまだ深いかもしれません。要は今の時点では底はまだ全くわからないとのことです。

リーマンショック時の第一破では16%下落し、その時点で多くの投資家が買い込んで失敗した様です。そこからリーマンブラザーズの倒産、その後の下落と続いた様ですが、今はまさにリーマンショック級であるならば、その時の第一破の位置ぐらいにあることを示されました。

③投資とする前に長期なのか短期なのかをよく考え、付き合っていかなければならないと思いました。

多くの方と同様、私の投資の目的は生きるために必要なお金を増やしていきたいからですが、無理に突っ込まなくても静観している時も必要であると思いました。

皆さん、いかがでしょうかね。

上の写真は今週のランチです。プリプリのエビがしっかり入って550円とリーズナブル。セットメニューもあり、味のあるスタイルのお店です。今度は夜に行きたいなぁ。

https://ameblo.jp/zx1ql3gd8/entry-12358651183.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

コメントを残す