打ち込んでいる仕事やスポーツなどで自信を持って対応されてますでしょうか。

特に成果を出さなければいけないことに関しては、自信を持って行った方が良い結果として現れていくのは当然のように受け止められているかと思います。

じゃあ、どうしたら自信を持てるの?という話になるのですが、仕事やスポーツにおいて、おそらく経験値がものをいうことを実感されている方が多いのではないでしょうか。

かく言う私のテニス仲間達もそう談義しております。

しかし、経験則が有れば全てうまくいくかといえばそうではなく、特にスポーツの世界では番狂わせが日常茶飯事に展開されているかと思います。(スポーツは仕事よりも、白黒といった成果が分かりやすく見えるからかもしれませんが)

結果はやってみなければわからない

人の道理はそうであれ、試合に対する心の持ち方、入りかたで結果が異なってくるかもしれません。

そんな論議の中、テニス仲間のYさんからテニスプレイに対する自信と過信の違いについて書いたらおもしろいだろうとご意見頂きました。

今回は全国の草テニスを愛する中級レベル程度のテニスプレイヤー目線で、テニスに関わらず何事にも応用できそうな小ネタを書いて行きたいと思います。


目次

①そもそもの自信と過信の違いとは

②テニスにおける、過信を実感する時の事例

③テニスにおける、身の程を知ることで成果につながる事例


①一般的に「自信と過信は紙一重」と言われるぐらいのことでありますが、自分の成長に合わせ、困難を乗り越えてきた経験から自信が生まれ、その自分のレベルを超えてものを見てしまった、捉えてしまった場合、人は過信してしまったというのではないでしょうか。

因みにですが、私も中級レベル程度のテニスプレイヤーとして一般の大会に参加することがあります。

長年に渡りラケットを握り、練習を熱心に行っておりますが、

練習の時のようなプレイを本番で再現する事の難しさを感じております。

②なんでうまく行かないんだとぼやきばかりが先行してしまうこと多々あるのですが、これが過信しているというのかなと気づきはじめました!

本番では緊張感が半端なく出てしまい、体の使い方も通常とは異なっております。

練習と本番は全く別物であり、本番での経験値を高めて行かなければ上手く行かないことを頭では理解しているはずなんですがね。過信し過ぎですね。

③私は軟式テニスの前衛出身のため(ネット前で立ち、相手のボールが来たら、ボレーといって、ラケットを出してボールを相手の地面に落としこみます)ネット際に立ち、相手のボールを追っていきます。

ボールを追うだけではなく、相手にプレッシャーをかけることも目的にネット際に立っているのですが、タイミングよくクロスにボールを追いかけて、ボレーが決まった時、なんて俊敏な動きをしているんだと相手が勘違いしてくれます。

早くボールを追えるのは俊敏さではなく、動き出す方向、タイミングを経験値から判断して行っております。

当然、あまり早く動いてしまうと、相手に見過ごされ、広く空いているスペースに打ち込まれてしまいますが、、、。

おそらく、0.5秒より短い時間で判断し、動き始めております。

手の長さや動ける幅は、誰もさほど変わらない

この原則を知っているからこそ、予測をもとに大胆に決断しているんでしょうね。

時に過信もついてくること然りですね。笑

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

投稿者: 中年まさやん

中年ど真ん中、製薬メーカーに勤務する?営業職ひとすじサラリーマン。家族は妻と高校生の娘一人、栃木県宇都宮市で暮らしている。趣味は酒、山登り、テニス、英会話。出身は三重県桑名市。