以前、栃木県宇都宮市の名物、「宇都宮焼きそば」の特徴である太麺と共に、肉が入っていない焼きそばであることを紹介させて頂きました。

https://masayan.jp/2019/12/18/yakisoba-not-including-meat/

宇都宮市民にとってはそれが普通であり、特に問題意識をもたれている方は私のまわりの人達には存在しませんが、

他県から来られた方からしてみると通常、焼きそばの中身に具材が少ないことは一般的には否定的にとらえられることが多いと思います。

最近、テニス仲間Mさんと焼きそばの具材が少ないことをテーマに雑談していた中、新たな知見に気づかされたことがありました。

その知見が実に含蓄が深い内容であったため書いていきます。


目次

① シンプルな焼きそばから見えてくるもの

②宇都宮焼きそばの実力は


①Mさんのご自宅のまわりには具材がキャベツのみしか入っていない焼きそば屋さんが存在しております。そのお店は焼きそば本来のシンプルな素材で勝負されており、地元で愛されている人気店です。

https://www.tochinavi.net/spot/home/?id=12903

そのような背景もあり、Mさんの焼きそばに対するものの見方が生まれて来られたかもしれませんが、

Mさんがおっしゃるには具材が少ないシンプルな焼きそばゆえ、隠すことができない焼きそばそのものの実力をお客にさらされているとのことです。

また好みとして、シンプルであることを望むお客が存在することもわかってきました。

例えば、雑煮にしても、具材を多く入れる雑煮もあれば、出汁に海苔を入れる程度といったシンプルなものも存在します。

つまるところ個人の好みと言いますか。

②そういうMさんの見方からすれば、肉が入ってない宇都宮焼きそばは相当レベルが高いということがわかってきました。

焼きそば本来の実力をお客にさらされているわけですしね。

上の写真はスーパーの入り口付近にある焼きそば屋さんで購入し、食しました。(竹の葉のような包紙が良いですね)

https://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9011716/

宇都宮焼きそばをじっくり味わってみると、あっさりした中にもしっかりと味がついていることを感じられます。(イカのゲソからも出汁が出てますかね)

確かに焼きそば本来の味で勝負されているんですね。

肉が入っていなくても、あっさりしてていいじゃないですか

Mさんとの雑談を通して20年以上心の中に持っていた宇都宮焼きそばに対するわだかまりが消えていった感を得ました。

今回、改めて宇都宮焼きそばの良さを再発見でき、世の中に広めていきたいと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

投稿者: 中年まさやん

中年ど真ん中、製薬メーカーに勤務する?営業職ひとすじサラリーマン。家族は妻と高校生の娘一人、栃木県宇都宮市で暮らしている。趣味は酒、山登り、テニス、英会話。出身は三重県桑名市。

コメントを残す