日常的に蕎麦を召し上がりますか。ご贔屓のお蕎麦やさんはございますか。

一般的に蕎麦といえば、うどんと比べて細い麺で、つゆに少しつけてツルツルとすすりながら喉越しを楽しみつつ食べることを想像するかと思います。

私もその江戸前的なスタイルが好きです。

しかし、それよりも麺の太さや長さに規律のない、通常の蕎麦と比べてあきらかに太い麺をつゆにしっかりとしたしながらムシャムシャと噛み締めながら食べるスタイルの蕎麦がもっと大好きです。

品がない蕎麦ですね」と江戸っ子ならば言うかもしれませんが、

それは「田舎そば」と呼ばれる蕎麦なんです。

https://www.nichimen.or.jp/know/zatsugaku/41/

全国でも田舎そばが存在する地区は限られるのかもしれませんが、

私が北関東(栃木県、茨城県)に20年以上住んでいる中、そば屋さんの中でもどちらかを選択できるお店もあることを知っております。

特に水戸市内に住んでいる時は田舎そばを看板に掲げるお店もありましたね。

田舎そばの見た目は通常のそばよりも色が濃く、なんといっても麺が太いのでしっかり噛み込まないと食すことができません。

しっかりと蕎麦を食べた気がすることと、しっかりお腹が満たされることも魅力であります。

蕎麦の好みは様々かもしれませんが、食感を楽しみながら、もっちり感あふれる田舎そばを一度お試しされてみるのもいいかもしれませんよ。

上の写真はコスパと味が最高のお店 「喜久粋」さんの田舎そばです。(宇都宮市内のそば屋でベストオブベストと思っております)ここのお店も通常のそばか、田舎そばを選択できます。田舎そばの場合どうしても通常のそばと違い盛り方が乱雑になるんですが、それも気取らない感じが好きですね。かき揚げをつけて750円。

https://pool330.blog.fc2.com/blog-category-44.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

投稿者: 中年まさやん

中年ど真ん中、製薬メーカーに勤務する?営業職ひとすじサラリーマン。家族は妻と高校生の娘一人、栃木県宇都宮市で暮らしている。趣味は酒、山登り、テニス、英会話。出身は三重県桑名市。

コメントを残す