皆さん、学校給食の思い出は今でも残っておりますか。

私は小学校では学校給食でしたが、中学生からは土曜日を除いて毎日弁当持って行ってました。

但し、土曜日は午後から部活のため、同様に弁当持って行ったり、親から渡された500円を握りしめて仲間達と学校外に出てパンを買いに行ったり、唯一の選択肢を楽しんでました。

妻や娘が通った宇都宮市内中学校では学校給食が用意されており、地域の差というのも大きく存在しているんだと認識した次第ですが、

最近、名古屋市の小学校給食が質素すぎるという話題がネットに取り上げられており、思う部分があったため今回お伝えしたいと思います。

こちらのサイトを覗いて頂ければと思いますが、10年前の比較して寂しい献立になっております。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story-nagoya-schoollunch_jp_5def507ae4b07f6835b86769

品数自体減らされておりますし、子供が食べるのを楽しみにしているはずのデザートが半分になってます。

東海エリアの人間にとって大好きなエビフライがなんとゼロになっているじゃありませんか!

月額3800円でなにができるんだというお声もあるかと思いますが、将来を支える子供達にもっとサポートできないものかと思ってしまいました。

私は名古屋市の隣、県外である桑名市という小さな街の小学校に通ってました。

その当時は桑名港で多く取れたシジミなどを漁業組合からプレゼントされ、シジミ入りの赤だしの味噌汁などよく献立に出てました。

そんな温かいサポートも頂けた幸せな世代かもしれませんが、自分の子供達世代があまりにも質素なものを食べているかと思うと、世の中変じゃないのかなと思ってしまいます。

今後600円値上げされるようですが、小学校の学校給食に税金を投入してもいいんじゃないでしょうか。

このニュースを見て、ふっと思いました。

将来、今の中年世代が年金受給時になった時、

質素な支給額ですね

そんな現実を名古屋の子供達の質素な給食同様に受け入れていかないといけないのでしょうかね。

もしかしたら名古屋市の子供達は来るべき日本経済の衰退を意識した質素な生き方を覚えさせられているのかもしれません!

恐ろしい政治家さん!

上の写真は真岡焼きそばが食べられるお店です。ノスタルジックな雰囲気もイイですね。真岡焼きそばは乾麺を使用しており、一度ゆがいてから焼いていくスタイルです。細麺であっさりしてますね。イカも入ってますよ。

https://tabelog.com/tochigi/A0904/A090401/9003822/

中盛り 500円 量は多いですね。天かすをかけて頂きました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

投稿者: 中年まさやん

中年ど真ん中、製薬メーカーに勤務する?営業職ひとすじサラリーマン。家族は妻と高校生の娘一人、栃木県宇都宮市で暮らしている。趣味は酒、山登り、テニス、英会話。出身は三重県桑名市。

コメントを残す