薄暗い雰囲気の中、寂しい音楽にのせて一人で自虐ネタを展開し、面白さを醸し出すスタイルを確立された芸人といえばどなたでしょうか。

その芸人の本名は「齊藤 健一」です。

TVでブレイクされたのはもう十何年前でしょうか。

そのお方は「ヒロシです」でおなじみの芸人ヒロシさんですが、

今何をメインに活動されているかご存知でしょうか。

今や有名なユーチューバーの一人としてキャンプ活動をメインに48万人程度の登録者を集められているそうです。

既にヒロシさんのチャンネルをご視聴されたり、話題としてご存知の方も多いのではないでしょうか。

私は芸人としてのヒロシさんが好きで、最近TVでお見かけすることがなくなっていたのでどうされているのか気になっておりました。

そんな中、もともとヒロシさんにとって大好きなキャンプを自ら動画を撮り、ユーチューブに配信されたことで大成功した話を知った時、とても興味を持ちました。(ユーチューブ たかまつななチャンネルでゲストとしてヒロシさんが呼ばれていました)

今回はそのたかまつななチャンネルでお話しされた内容の紹介と、ヒロシさんの仕事に対する考え方について論じてみたいと思います。

ヒロシさんはもともとTVで成功することを夢見て(将来は冠番組を持つ)頑張られていたそうです。

以前ヒロシさんがしゃべるネタなどは、構成作家が作るネタを嫌々喋らされたり、ネタがお客さんから受けなかったらヒロシさんがすべったとお客さんに思われてしまうことなどあり、納得いかないことがあったようです。

(皆さんが求めるヒロシという役を演じなければいけないことなどもあり、さまざまな葛藤があったそうです。確かに難しいでしょうね)

そういうこともあり、なにが楽しいのか、なにが幸せなのか疑問を持ち始められたそうです。

ユーチューブで大成功され、TVにはあまり出なくなりましたけど、昔と比べてどちらが幸せかと言うと今が幸せとおっしゃられております。

理由は好きなことをやる時間が増えたからとのことです。

いっとき、ヒロシに飽きたという世間の声も耳に入ってきたそうですが、ヒロシさん自身が10数年やってきて飽きたということもあったそうです。

しかし今は「役としてのヒロシ」とは別で発信できる気持ち良さを感じられているそうです。

ところでヒロシさんは昨年、働き方に対する本を書かれたそうで、タイトルは【君も好きなことだけして生きていける】です。

実際はいきなり好きなことだけして生きていけないけど

嫌なことばかりの仕事での中でも少しずつ、好きな時間、場所を広げていくことで

毎日の生活が潤いながら生きていけるというメッセージを発せられておりました。

私の感想を述べさせて頂きますが、

あくまでも組織の中でのスタンスを考えての発言でしょうし、やりたいことも希望したからといってやらしてもらえるわけではない。

芸人という生き方やヒロシさんが持たれている感情は、実はサラリーマンと同じじゃないかなとも思い、とても共感持ちました。

ヒロシさんはすごい人が書く本は真似できないとおっしゃっておりましたが、ヒロシさん自身すごい人だと思います。

以前は芸人ヒロシとして、売れててもヒロシを呼び捨てにされてましたが、今はキャンプ活動のヒロシ先生と呼ばれるそうです。

伝えたいメッセージを本を書いたり、ブログを書いたり、ユーチューブで発信したりする事で少しずつ自分ができる可能性を広めていき、好きなことで生きていけるフィールドを見つけていけたら最高だなあと思いました。

上の写真は12月7日 宇都宮市釜川沿にランタンの様なものを流すイベントがあり参加しました。ランタンの様なものを近所の小学生が作ったそうです。(中はLED電池を使用されてましたね)

流した後は全て回収し、作り元に戻すそうです。意外と川の流れが緩いので、流れず止まってしまうランタンもありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

投稿者: 中年まさやん

中年ど真ん中、製薬メーカーに勤務する?営業職ひとすじサラリーマン。家族は妻と高校生の娘一人、栃木県宇都宮市で暮らしている。趣味は酒、山登り、テニス、英会話。出身は三重県桑名市。

コメントを残す