選手を第一に

東京オリンピックにおいてマラソンの開催地を突然、札幌に変更されたことで連日ニュースが流れております。

東京オリンピックに向けて多くの都税が導入されて準備されている最中ですよね。

都知事の嘆きをTV越しに見るたびに、もともと夏の季節、熱帯雨林化する東京でマラソンをすることを想像しながら誘致してきたのか疑問に思っておられる方は多いのではないでしょうか。

いくら4年に一度のマラソン大会と言えども暑く湿度の高いところではタイムが出ない選手は極端に結果が出なくなるでしょうし、願わくば違うところで走りたいと思う選手も存在すると思います。また将来の選手活動を考えて、棄権する選手も出てもおかしくないでしょう。

以前高校野球球児の今時の考えを書きましたが、競技や規模は違えど世界のランナーの本音も知りたいですね。

https://masayan.jp/2019/09/22/%e8%83%8c%e7%95%aa%e5%8f%b7%e3%81%af%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%82%b9/

そんな中、元オリンピック選手であり、マラソン会のリーダーである瀬古利彦さんがよくTVに出てコメントされていることを目にします。

瀬古さんは私の故郷である三重県桑名市出身であり、中学も同じ出身です。よって中学時代、瀬古選手の伝説ぶりを教師からよく聞かされたりしてました。例えばあそこのコースを瀬古選手は何分で走ったとか、練習のし過ぎで一週間で靴の皮がめくれてしまったとかでしたね。どれもこれも最強の伝説でしたが、もともとは中学では野球部だったんですよね。

今回のマラソン開催地変更に伴うインタビューで、瀬古さんのコメントで一番印象深かったのは

「決まった以上、もう愚痴を言っても仕方ない。選手のためにもならない。札幌、札幌」

と選手のためにも吹っ切れたところを表現したなんと

この後、札幌ラーメン食べに行きます

とユーモアを交えておられたところが瀬古さんの凄さであり、瀬古さんのパーソナリティ全て出されていたなあと思いました。

まだこのインタビュー時点では都知事含め関係者の中にはIOCの決定を受け入れていないというスタンスの状況でありましたが、

マラソンが繊細なスポーツであることを理解されている瀬古さんのコメントゆえ、なによりも選手が安心されたのではと推察致しました。

(このコメントをされる前に公の場でもいっぱい愚痴を出されましたが、それらを含めても、上に対しイエスしか言えない人よりも本音もしゃべる人の方が、信用できるのではと私は思っております)

因みに瀬古さんが出ているユーチューブを検索していたら、TVドラマ「陸王」で有名な埼玉県行田市で行われたマラソン大会のゲストとして会を盛り上げるためのスピーチをされておりました。

この時のスピーチも陸王に出演した時のギャラ額などをユーモア全開でお話しされており、盛り上がっていましたよ。

瀬古さんを改めてファンになりました!

話を戻しますが、オリンピックの開催にあたってはいろいろと思惑が溢れているのが現実かと思います。それはそうと実際にプレーする選手を思いやる話は耳に入ってきづらいので今後は選手ファーストの話題が多く入ってこればいいなあと思いました。

マラソン開催地変更は、オリンピックにとって何が一番大事なのかを考えさせられる問題提起であったかもしれませんね。

マラソンが札幌開催ならば、東京札幌オリンピックでいいんじゃないでしょうか。都知事にうかがってみたいですね。

上の写真は今週のランチです。豚焼肉定食に豚汁をプラスしてました。980円 風邪気味だったので温かい汁物を一杯飲んで汗掻きたいと考え頼みましたが、不覚にも同じく「豚」を頼んでしまいました。笑

ここのお店はマグロが有名な様で、多くのお客さんがマグロを食べました。

https://tabelog.com/tochigi/A0901/A090101/9005678/

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

コメントを残す