上高地に行ったことはありますか?

ご存知の通り、上高地の場所は長野県西部、あずさ川が流れるとても素敵な場所です。

ご存知でない方もカッパ橋がある風景は一度は見たことがあるのではないでしょうか。

夏の日の2019 バス停から歩いて5分 朝6:00ぐらい

国立公園に指定されていることもあり、環境にも十分配慮しなければいけないところですが、マイカー規制がされているため直接上高地に入ることができません。

それではどうやって上高地に入るのかということですが、沢渡駐車場に停めて、バス、タクシーで上高地に入っていくのが通常です。

沢渡駐車場からバス、タクシーで30分程度なのですが、相当な山道であり、トンネルを多くくぐらなければならない大変な道です。

私、学生時代、夏になると毎年2週間程度、環境庁の美化財団が募集しているゴミ拾いのアルバイトをするために、上高地入りしておりました。

その時は名古屋から特急しなので松本から松本電鉄に乗り、新島々駅からバスに乗り換えてました。

夏の季節の松本電鉄の車内は、ザックを持った登山客が多く乗っており、電車の旅は叙情感を高めるには良いのですが、なにせ本数が少ないので、乗り換え注意です。

上高地はとても遠いところにあり、着くまでに時間がかかるのでなかなか行けないなあと思われている方も多いのではないでしょうか。

そこでご提案があります。それは「さわやか信州号」の活用です。

夜10:00前後頃に各地を出発し、朝5:30頃、上高地バス停にダイレクトに到着します。

さわやか信州号は大阪、京都、東京(八重洲口、新宿)、最近は大宮からも発着しております。

http://sawayaka.alpico.co.jp/area/kamikochi/tokyo/

そして帰りは午後の4:00前後頃、上高地バス停出発し、各地に夜10:00頃到着します。

実は私、今年初めてさわやか信州号を活用しました。出発は八重洲口からです。(通常はマイカーですね。家族で行く場合、費用が安いからです。今回は私一人の登山ゆえ)

最初、大宮から乗るつもりでしたが、大宮発は4列シート、トイレ無しであること判明。急遽八重洲口に変更しました。

7月の平日だったといえ、さわやか信州号はとても人気があるようで、次々と予約が埋まっていきます。(大宮発は上記の理由か、空きがあります)

夜行バスはしんどいから嫌だなあとおっしゃる方も多いと思いますが、三列シートの場合、耳栓さえ用意しておけば、意外と体は寝れる状態までリクライニング可能なので快適です。またバスのタイプによっても値段上乗せでハイクラスの選択もできます。

夜行バスは時間とお金を節約して移動できることが何よりもの利点かと思います。登山の場合、大きいザックが他人に迷惑になる可能性もあります。

出発する前からしっかりとカーテンを閉めており、出発後、直ぐに消灯となりますので車内の安眠状態は確保されます。

また運転手さんの休憩のためパーキングによりますが、お客様は降りられないこととなっており、人の気配で起こされることはなかったです。

驚いたことに、時間調整で長い間、バスがどこかで泊まっていましたね。ある意味、到着時刻は硬い確定時間なのでしょうね。有効に上高地での滞在時間を確保したい人にはありがたいです。

朝方、目覚め始めたのは沢渡駐車場からの山道で、さすがにそこは体が右に左に動き出す時でした。

朝、バスを降りたらそこは霧雨降る上高地でした。

霧雨さえも旅の叙情感を高めてくれる素晴らしいスパイスでしたね。

上高地の良さの一つにここには上高地帝国ホテルがあります。

学生時代、ここでゴミ拾いバイトをしていた時から新婚旅行はここで泊まってみたいと願い、実現することができたのは既に20年近く前の話です。

その当時も予約するのに半年前からしなければ取れませんでした。

今はもっともっと先から予約しなければ取れないと聞いてます。(月、曜日にもよると思いますが)

なんせ時代は、ドローンで上高地の風景を撮影し、世界の多くの方にユーチューブを通してみてもらい、良さを知ってもらえる時代ですからね。(長野県にお住まいの私の大先輩がおっしゃってました)

みじかな場所でないからこそ、憧れるのかもしれませんが、思い出づくりにはもってこいの場所なのかあと思います。

また泊まってみたいなあ。

上の写真は上高地から岳沢ヒュッテに向かうところです。ここぐらいまでは余裕かなぁと思いましたが、結構しんどかったです!

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

投稿者: 中年まさやん

中年ど真ん中、製薬メーカーに勤務する?営業職ひとすじサラリーマン。家族は妻と高校生の娘一人、栃木県宇都宮市で暮らしている。趣味は酒、山登り、テニス、英会話。出身は三重県桑名市。

コメントを残す