長年お店が続いている鰻屋さんが火事にあった時、先ず何よりも、これまで長年継ぎ足してきたうなぎの蒲焼のタレを持って逃げる話を聞いたことありませんか?

ラジオからとある鰻屋のCMが流れるたびに、私自身、商売人として宝を大事にする心持ちにとても感銘を受けてますし、今後も変わらないと思います。

普段コツコツと積み上げていく営業マンが活動で得た知識や経験をそんな小話に例え「まるでうなぎの蒲焼のタレを作っているみたいだね」と後輩の同僚へ少し先輩ずらして話をしたところ、なんとある事実を知り、ショックを受けました。

何と、科学的な味の観点から見てその同僚が言うには、現在の化学調味料の味の方が長年継ぎ足してきたタレよりも美味しいというではありませんか。

どちらが美味しい蒲焼という義論はさておき、最近、普遍的と思っていたことが、何事も一気に他の何かに取り変わっていくことがあることに、ただただ驚くことが増えたなあと感じます。

例えば中国では、電子マネーの普及されていて、現金を使うことは少ないみたいですね。

電子マネーの信頼性が大きければ、利便性や衛生面は断然違ってくるだろうけど、この分野では日本は本当に遅れているみたいです。

私の出身の東海地方では未だに現金に対する意識は他の地区よりも高いと言われています。私はナナコカードぐらいしか使っていませんが、将来、現金が使えないお店が出てくるのではないでしょうか。

精神的なものも、圧倒的な良いものがこの世に出てくることで大きく変わっていくのかな。

但し、私は下記のお店の心意気や味が大好きなので、この点は変わらないと思います。美味しいうなぎの蒲焼が食べたい!

http://uo-toku.jp/about.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

投稿者: 中年まさやん

中年ど真ん中、製薬メーカーに勤務する?営業職ひとすじサラリーマン。家族は妻と高校生の娘一人、栃木県宇都宮市で暮らしている。趣味は酒、山登り、テニス、英会話。出身は三重県桑名市。

コメントを残す