20数年前、一人ポツンと関西から栃木県宇都宮市に営業マンとして配属された頃、どのようにして週末を過ごそうかと思案していたことが懐かしい。

月曜から金曜は職場の暖かい同僚に囲まれて充実感を味わいつつ、必死に営業してました!

だからこそ、何も予定の無い週末は寂しい思いに駆られていたかもしれないですね。

彼女でもいれば違ったのかもしれないけど、そんな浮いた話もない中、食事として利用する居酒屋のおばちゃんと会話するのが唯一、週末に人と会話することができたという寂しい20代前半の思い出がありました。

学生時代、軟式テニス部であったため、軟式ができるところを探しましたが、今とは違い、ネット社会ではないので見つからず、断念。ここでコミュニティを作るために公式テニスに変えてテニススクールに飛び込みました。(当然出会いも求めてでしたが)

ネット時代はそんな悩みを一発で解消できることが素晴らしく感じます。

今だったらテニスオフといったサイトを活用し、飛び込みでサークルに入っていける環境ですけどね。

https://www.tennisoff.net/pref/8

どんな時代でも行動力は必要と思いますが、やはりサークルというのはサークル仲間が自分に合うかどうかで決まってくると思います。

だから体験入部でき、自分とのフィット感を感じた上で入部を決断して頂くことが大事ですよね。

因みに私は、今では土日に3つのテニスサークルに属し、一週間は週末のためにまわっているという環境を得られるまでになりました! 下記が私の所属先です。もちろん体験入部ウエルカムです!

「グラスホッパー」ではシングルを鍛え、「MJT」ではダブルスメインで、「ミレニアム」ではチャンポンするという、黄金パターンが出来上がっております。チーム名の意味合いは例えば、ミレニアムは2000年スタートだからといったところです。

土曜日の午前中はグラスホッパー

https://amigo.tennis365.net/circle/U016.php?circle_id=8437

そして午後はMJT

https://amigo.tennis365.net/circle/U016.php?circle_id=7977

日曜日午前中はミレニアム

https://millennium20.jimdo.com

一回あたりの費用が一サークルあたり大体300円から500円なので、財布にも優しい!

例えば土曜日、一日中コートにいてもジュース代を含めても1000円しないレベルで過ごすことができます。

年齢は中学生から70代までと幅の広い層で同じスポーツを行い、仲間達は競って県内の大会に参加しております。同じ目標に向かっている仲間達には年は関係ないですね。

仲間は意外と県外から来た方も多いので、転勤されたりと寂しく感じることも多々ありますが、また新たに新しい仲間も入ってきます。

出会いという意味ではサークルがきっかけで出会いで結婚に至ったケースもあるので、本当に縁ですよね。

テニスは始めやすいスポーツです。青空の下、目一杯汗をかき、身体を鍛え、仲間づくりを始めませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。ブログ村、人気ブログランキングに参加してます。下記のバナークリックをよろしくお願い致します🤲

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談(40歳代)ランキング

投稿者: 中年まさやん

中年ど真ん中、製薬メーカーに勤務する?営業職ひとすじサラリーマン。家族は妻と高校生の娘一人、栃木県宇都宮市で暮らしている。趣味は酒、山登り、テニス、英会話。出身は三重県桑名市。

コメントを残す